赤須翔(Gt.)

1987年長野県駒ケ根市出身。洗足学園音楽大学ジャズ科卒。在学時は有田純弘氏に師事。 主にギタリスト、シンガーソングライターとしてのライブ活動や、ギター講師、楽曲提供、作詞作曲ワークショップ講師、障害者支援施設での即興音楽セラピーなど幅広く展開

浅利 史花(Gt.)

1993年生まれ。 福島市出身。 高校在学時より部活動でジャズギターを始める。 福島市内にあるライブハウス『ミンガス』に通って JAZZを本格的に聞くようになり、 偉大なギタリスト「グラント・グリーン」に強く惹かれるようになる。 現在は日本を代表するギタリスト、潮先郁男氏に師事。 日本を代表するジャズピアニスト納谷嘉彦と2014年の11月より活動を共にする。 共演者は俵山昌之(b)山田玲(ds) また、モダンジャズを中心に若手ジャズミュージシャン達と 都内のライブハウス等で活動中。 日本JAZZ界、期待の新人である。

阿部瑠美(Pf.)

愛知県出身。4才からエレクトーンを始め、様々なジャンルの音楽に親しみ、作曲や音楽理論を学ぶ。 大学生の頃留学先のアメリカにて本場のジャズに出会い、衝撃を受ける。帰国後、辛島文雄氏に師事しジャズピアノの勉強を始める。 その後都内近郊のライブハウス、ホテルやレストランなどを中心に演奏活動を開始。 2016年に1年間ロサンゼルスに滞在する。Josh Nelson氏に師事し更に音楽について学びを深める。現地ミュージシャンとのセッション、ライブ活動に励む他、自身のカルテットでレコーディングをする。 2017年夏に帰国し都内近郊を中心に演奏活動を再開。10月にファーストミニアルバムをリリース。

アラン・パットン(Acc. Vo. Cl. etc.)

プログレや東欧のロマ音楽をベースにさまざまな音や感覚をmixし、独自な世界を作る音楽家。カツラ・マズルカ、チガ・ジダンダ、チギリ・ホメリ、ヨタロウwithメトローマンスホテル等で活動しながらソロライブやコラボレートを行なう。レコーディングでは NINO TRINCA、KERA&戸川純、三上博史、犬山犬子、METROFARCE などのCDに参加。2005年松尾スズキのミュージカル『キレイ』に出演。2009 年劇団パパタラフマラのダンス芝居『PUNK DON QUIXOTE』の音楽を作曲や出演。2011 年から『こどもちゃれんじ』の音楽作りやレギュラー出演。2012 年タバマ企画『ワタシヲサスラウウタ』出演。2014年洋服の青山のCMでEXILEのTAKAHIROと共演。2015年串田和美の漂流劇『ひょっこりひょうたん島』に出演。2017年鈴木勝秀のミュージカル「パンク シャンソン」にて元宝塚水夏希と共演。イベントパフォーマーとして 2001 年からパーティ、デパート、学校、祭り、レストラン、遊園地、競馬場、クルーズなど全国のイベントにも参加しています。

有末けい(Vo.)

都内liveハウス、ソシアルダンスホール出演 レビューショーでは、サヴァビアン、松竹歌劇団OGスタス、Acompany等にsingerとして出演 liveでは幅広く色々なジャンルを歌っている

安齋拓磨(Dr. Per.)

 アメリカ・ボストン/NYを拠点にグラミー受賞シンガーTim Youngやミュージカル”rent”出演などで知られるMarcus Paul James, Crystal Monee Hall等、数多くのブロードウェイシンガーと共演し、自身が参加したロックバンドではBon JoviやKid Rock等のオープニングを務め、ダンスミュージック、ジャズ、ゴスペルなど、多ジャンルに活躍するドラマー/パーカッショニスト。現在拠点を日本に移し、エンジニア/プロデューサーとしても活動している。

飯島瑠衣(Pf.)

ルーツ音楽院にてあびる竜太氏に師事。 洗足学園音楽大学ジャズコース卒。ピアノを蟻正行義氏に師事、アンサンブルなどを原朋直氏に師事。また、フルートを多田誠司氏に師事。 現在都内を中心に、ジャズやラテンのシーンで精力的に活動中。 リーダーユニットundercurrentでは、ギタリスト梅田和利とヨーロピアンテイストあふれるオリジナル楽曲を中心に取り組んでいる。2014年7月23日に同ユニット名義の1st album “Prelude”をundercurrent recordsよりリリース。テレビ朝日「松本清張ドラマスペシャル 黒い樹海」(2016)に演奏者として出演。 自由にカラフルに演奏することをモットーにし、どんな曲もどんな場所でもパワフルに演奏するミュージシャンである。

池田雅明(Tb.)

1990年渡米。バークリー音楽院コマーシャルアレンジ科を経て、NYマンハッタン音楽院にて修士号を得る。8年に及ぶ滞米中にGeorge RussellビッグバンドやFrankie Ruiz、Joe Bataan等数々のNYサルサバンドにて米国内外をツアー。98年帰国後はアレンジャーとして、TV、CM、映画等の音楽を手掛ける一方、ジャズトロンボニストとして、MALTA、小野リサ、角田健一ビッグバンド、猪俣猛、八城邦義、三木俊雄、守屋純子、谷口英治、等と様々なセッションやライブ、またサポートとして、GODIEGO、いきものがかり、森口博子、T-SQUARE等のコンサートや録音にも参加。更に、諸外国からのトロンボニスト(Wycliffe Gordon、Bart van Lier、Bill Watrous、Jiggs Whigham等)との共演、通訳、サポートも務める。 2011年第53回グラミー賞を受賞した「The Stanley Clarke Band feat. 上原ひろみ」の日本ツアーにもホーンセクションとして参加。2011年より昭和音楽大学ジャズポピュラー科講師。

石川早苗(Vo.)

慶応大学卒業後、Jazzに傾倒。
2007年に『Feel Like Makin' Love』をリリースし各専門誌レビューで「輝ける新人」
「新人としてのすべてをクリアした期待の新星」「天性の音楽カン」などと絶賛を受ける。
さいたま新都心ジャズボーカルコンテストにて2009年準グランプリ受賞、
2007年に歌唱賞も受賞している。2015年UTA Witコンテスト東京大会で日本人初のグランプリを獲得。
ファイナルでは歴代日本人最高順位タイの3位を受賞した。
年間200本を超える精力的なライヴ活動のほか、ボイストレーニング講師としても活動中。
公式ブログ『さなえあれば憂いなし』

石毛杏子(Sax)

洗足学園音楽大学卒。 アルトサックスをメインに、ソプラノ、テナーサックス、フルートを演奏。 都内を中心にライブ、レコーディングなどにて活動中。 嵐のPV・ミュージックステーション、サックス講師役として「くりぃむナンチャラ」に出演。ジェームス小野田(米米CLUB)、MOKU、徳山秀典、KONTA(元BARBEE BOYS)などのアーティストと共演。 2016年multiplication「multiply」、2018年3 Sax Battle にて自身のアルバムをリリース。

井高寛朗(Pf.)

滋賀県栗東市出身。 音楽が大好きだった祖父母の影響で7歳よりヤマハ音楽教室にてエレクトーンを習い始め、数々のコンクールにて賞を受賞。 20歳よりバンド活動を開始し、ジャズをはじめシャンソン、ソウル・ファンク・ポップス・タンゴ・ラテン、、、と様々な音楽に触れ、24歳でエレクトーンからピアノ・キーボーに転向。 10年間関西で活動した後、2016年より上京し活動の拠点を関東に移す。 演奏はもちろん、2017年からリリースされているCD「日常のジャズ」シリーズではアレンジ・サウンドプロデュースを担当するなど、エレクトーン時代に培った幅広い音楽性で縦横無尽に活動中。

岩崎壮平(Pf.)

1984年、山口県出身。7才からピアノを始め、バド・パウエルの演奏等でジャズに興味を持ち、特にビバップに興味を持つ。大学時代より山口県で演奏活動を始める。卒業と同時に上京。 水橋GON孝、村田浩、大井貴司、レイモンド・マクモーリン各氏等と共演。 現在、東京都内を中心に活動、自己のグループで「新宿J」等に出演中。

イワちゃん(Gt.)

15才の時に難病を患い、リハビリも兼ねギターに転向。プロを決意する。 音楽専門学校卒業後、渡辺具義氏に和声学/JAZZ等、寺田正彦氏に黒人音楽/編曲/DTM等を師事。ジャンルを問わずEG、AG、Gut、Ukeを演奏、指導している。 自己バンド活動の他、ライブ/レコーディングサポート、作/編曲活動の傍ら、音楽専門学校にて後進の指導も行っている。 2018年、自己ユニット「かりんとう」でMotion Blue Jakartaにて2daysワンマンライブを行うなど活動の枠を広げている。

太田朱美(Fl.)

ジャズフルート奏者
洗足学園音楽大学非常勤講師 幼少よりピアノを演奏し、中学よりフルートを始める。広島大学時代ジョーファレルに影響を受け、蘚苔類を研究する傍らジャズに傾倒。多くのバンドに所属する他、ジャンルを超えた活動も活発に行っている。自己のバンド"Risk Factor"では、2008年ファーストアルバム"Risk Factor"を、2012年にセカンドアルバム"私を動物園につれてって"を発売。

大西まみ (Pf.)

作編曲家/ピアニスト
4歳でピアノを始め、6歳頃から曲を作り始める。 日本大学芸術学部音楽学科在学中から鍵盤奏者としてクラシックからロック、ファンク、ジャズ、ラテン、ビッグバンド、クラブミュージックなどの 幅広いジャンルでの演奏活動を始める。ライブ、レコーディングなど多数参加。 現在はブラスロックバンド『YAPANI!』、女性だけのラテンビッグバンド『たをやめオルケスタ』にてピアノ&作曲アレンジを担当している。 2010年に自己のトリオを結成し活動中。 作編曲家としてCM、広告、TV番組などの音楽を手がける。

小沢咲希(Pf.)

3歳よりクラシックピアノを習う。15歳でジャズピアノをはじめ、16歳よりジャズピアノをユキ・アリマサ氏に師事。洗足学園音楽大学大学ジャズコースを2018年に卒業。在学中より都内を中心に演奏活動を行い、横浜ジャズプロムナード、阿佐ヶ谷ジャズストリート、すみだジャズフェスティバルなどのジャズフェスティバルにも出演する。 卒業と同時に老舗ジャズクラブAlfieで小沢咲希トリオのライブを行い、現在は関東圏内のさまざまなジャズクラブでライブやセッションホストなど積極的に活動している。 これまでに中村健吾、谷口英治、佐藤ハチ恭彦、多田誠司各氏などと共演。

小田ビンブン(Key)

キーボーディスト 作曲 アレンジャー 冨田勲のCD「ドーンコーラス」アレンジ、ドナウ川イベント、筑波博への楽曲提供。 また、アーティストのサポート演奏、各種イベント、CM、アニメの音楽制作、ミュージカルやテレビ番組の音楽制作、アレンジ、出演。 テレビに関しては、「タモリ倶楽部」から始まり、その後「THE夜もヒッパレ」「スーパーボキャブラ天国」最近では「THE MUSIC DAY音楽のちから」と30年に渡り数多くの番組に携わっている。 また1988年にラテン音楽の研究のため、キューバ、メキシコに滞在、帰国後はサルサなどラテン音楽の演奏活動にも力を入れており、NYサルサのJimmy Boschバンドにも参加、国内におけるディレクション担当。

小野優佳(Tp.)

1986年6月15日、神奈川県横浜市に生まれる。
12才からトランペットを始め、15才から横濱音泉倶楽部でビッグバンドとエンターテインメントを学ぶ。2008年ヤマハ音楽院卒業。現在は、ビッグバンドやホーンセクションでのライブサポートを中心に活動中。また、ジプシーバンド「チャランポランタンと愉快なカンカンバルカン」ではバンドネーム「ごま」として活動。同バンドで東京都ヘブンアーティストライセンスを取得。
2019年6月15日に
1stアルバム「feel Screen」をリリース。

トランペットを吉田憲司氏、清水康弘氏に師事。
血液型:B型

加治 雄太(Gt. Uk.)  

1984年生まれ。14歳でギターを始める。 明治大学入学後、同大学のビッグバンド、“Big Sounds Society Orchestra”にてジャズと出会う。同バンド在籍中に、山野楽器主催「YAMANO BIG BAND JAZZ CONTEST」にて優秀賞、スイングジャーナル社主催「Winter Big Band Contest」にて最優秀賞を受賞。 2015年8月〜9月、石川周之介カルテットのメンバーとして、オランダ、イギリス、ドイツへのツアーへ参加。 2018年5月、トロンボーン奏者・大田垣正信とのユニット、“大田垣正信 × 加治雄太”で1st Album「Live at TheGLEE」を全国リリース。 また、渡邊恭一(sax, clarinet)とのユニット、“対話TAIWA”では、音源付きZINEの製作・発売もおこなっている。 Count Basie楽団不動のギタリストであるFreddie Greenを敬愛し、リズムギターのサウンドには定評がある。

粕谷謙介(Dr.)

中学生から打楽器を始める。
大学進学と同時にジャズ・ビッグバンドを始め2000年、大学四年の夏、第31回山野ビッグバンドジャズコンテストにて優秀ソリスト賞を獲得。在学中よりプロ活動開始。
主に、女性ボーカルのバンドを組み都内でライブ活動。
2008年大黒摩季などのサポートを経験。2011年に現所属のtaffyに加入。
これまでに欧州ツアーを5回経験している。2012年から劇団俳優座出身の劇作家、ピアニスト瓜生恭子作編曲による舞台音楽でこれまでに6回公演を経験。
演劇での演奏のノウハウを学ぶ。ジャンルレスの活動を通して学んだ根源的な理論を元に大学音楽サークルなどへの指導も積極的に展開。今後も、人種、国境、ジャンルそれらの枠を越えた表現をモットーに活動する。

片岡雄三(Tb.)

1967年東京生まれ。中学校の吹奏楽部でトロンボーンを吹き始める。
高校在学中より『宮間利之とニューハード』に参加。その後5年間活動する。1991年5月にニューハードを退団してジャズトロンボーン奏者として様々な活動を展開する。
 
現在は自己のバンド『片岡雄三QUARTET』での活動の他、ピアニストの小曽根真率いる『ノーネームホーセス』、『原信夫と♯&♭』、『フロントページ』などのビックバンドに参加。渡辺貞夫、日野皓正、北村英治、椎名豊、大坂昌彦、原朋直、川島哲郎、谷口英治などのコンボのソリストとしても参加。
 
 2008年度のスウィングジャーナル誌『第58回読者人気投票』トロンボーン部門で第1位。また2008年度にアメリカの『コーン・セルマー社』のアーティストに日本のプレイヤーとして初めて迎えられる。 2009年度より昭和音楽大学ジャズコースの講師に就任。
 
2013年に一般社団法人『日本ポピュラー協会』の理事に就任する。

自己のリーダーアルバムも2枚リリースしてる。
2014年10月にウイリース社より自己のモデルのマウスピース『YUZO』シリーズが発売された。
2015年7月にはKLNG社より自己のモデルのトロンボーン『KING3Bライトウエイトスライド片岡雄三モデル』が発売された。

KANA(Fl.)

フルート、篠笛、オカリナ、リコーダーなど様々な笛を演奏するマルチフルート奏者
Diners Club Social Jazz Session 2013-14 YouTube 動画投稿コンテスト一般投票にて、管楽器部門優勝、総合準優勝。
Internet篠笛コンテスト2014にて準優勝。
自作曲『Send for Spring』が、米国の作曲コンテストJohn Lennon Songwriting Contest 2014 World部門にてFinalist受賞。
Jazzをベースに、ラテン、エスニック、邦楽と、多種多様な分野のアーティストと共演している。

金澤英明(Bs.)

1954年
3月4日 札幌市生まれ

2009年
自己のリーダー3作目を発表 「春」 
12月、石井彰、石若駿と新作レコーディング(Studio TLive Records)3月発売予定。 
12月25日、日野皓正QUINTET退団! 
2010年
世間に遅れる事幾星霜、とうとうホームページ開設!(まあ、長続きはしないでしょうが)
4月、札幌「時計台」、上野「旧奏楽堂」にて「春」コンサートを行う。4月7日「月夜の旅」(Studio TLive Records)発売
2011年
Boys in Rolls (2011年2月2日発売)             
2013年
REFLECTION(リフレクション)2013年2月20日発売
2015年
KOJIKANAYAMAMINE (2015年2月発売)
現在、ソロ活動の他、コジカナツル、ジャズ、ブルース、クラッシックと幅広いジャンルの音楽家と親交を深め、また最近では、近くの小学校で子どもたちのためのコンサートを開いたり、中学生のBIG BANDの指導にあたるなど、精力的に音楽の活動を展開している。

HP
http://kanabass.web.fc2.com/

加納奈実(Sax as. ss.)

4歳よりクラシックピアノ、9歳よりジャズアルトサックスを学ぶ。
名古屋音楽大学ジャズ・ポピュラーコースに特待生入学、同時にライヴハウスでの演奏もスタートさせる。首席で卒業。
2008年、2010年にはJay Thomas(tp)氏の薦めにより渡米。Paquito D'rivera(as,cla)、Gary Smulyan(bs)、Buch Miles(ds)、Benny Green(pf)等と共演、好評を博す。
2014年8月ブルーノート東京で開催された"Blue Note Record's 75th Anniversary year"のライヴに出演。
2016年春、New Orleans Jazz&Heritage Festivalに高澤綾(tp)バンドのメンバーとして出演。レコーディングにも参加する。
現在、自身のグループを中心に全国的に演奏活動を展開。
加納奈実Official Website
https://kanonami.jimdo.com/

狩野龍太郎(Key)

1995年生まれ。東京都出身。幼少期にクラシックピアノを学ぶ。思春期にはブルースロックにハマり、中学・高校時代はピアノにはほぼ触れずにギターの練習に励む。 法政大学に入学後ファンク系セッションサークルであるⅡ部モダンジャズ研究会に入る。そこでファンクやソウル、フュージョンのキーボディストに憧れキーボードを始める。 現在ジャズピアノを南博 氏に、キーボードを森 俊之 氏に師事。 ジャズファンクバンドGroove Travelersの一員として活動する一方で、ライブ・レコーディングのサポートミュージシャンとして精力的に活動中。

茅野嘉亮(Tp.)

1981年産まれ。札幌出身高校生の頃から、ジャズトランペッターとして仕事を開始。 その後ジャズの勉強を本格的に始めるべく、音楽大学に入学。
YUKIや中川翔子等、大物アーティストのサポートや、CM、ゲーム、映画等の録音の仕事もしながら、自分の音楽活動を勢力的に行う。2010年自身の初アルバム(トランペット)「Cosmology」をリリース。ゲストも青木カレン、キム・ハクエイ、Jazzin’parkからSatoruを迎えての豪華なゲストで話題に。日本のみならずロンドンやヨーロッパ圏でのラジオで放送されるなど、海外での評判も高い。
 
金子将昭と箸本智の3人のユニット前衛無言禅師では、和をとりいれた前衛的なジャズを表現。イベントを多数開催。その中では演出も担当。アーティストとのコラボ等で話題に。
 
2014年ピアニスト野口茜とのDUO Somethiing Newを結成。2014年6月に1stアルバムをリリース後、Somethiing Newを中心の活動としている。itunesジャズチャートで1位を獲得。3rdアルバムのTalking on the beachでは、売り上げの一部を海の環境改善に取り組むSFJ(サーフライダーファンデーション)に寄付をしている。
 
2010年にサーフィンを始めてから、自然の雄大さ、美しさに改めて衝撃を受け、それまで得意としていた深夜の都会的なサウンド、クラブシーン等の音楽とは表現方法が変わり、自然を意識した表現や、家族の事、大好きなヴィンテージフルサイズバンの事、旅の事等、自分のライフスタイルを音楽やサイトを通して表現している。

菅野義孝(Gt.)

岩手県出身
潮先郁男氏に師事しジャズギターの基礎を学ぶ。
'98年 キングレコード「ジャズ新鮮組」でプロデビュー。
'03年 初リーダー・アルバム「Introducing Yoshitaka Kanno」発表。
'05年 セカンド・アルバム「Movement」では、ニューヨークにてメルビン・ライン(オルガン)、グラディ・テイト(ドラムス)と共演し好評を得る。
'12年 アルバム「JAZZ GUITAR」発表。
'13年 アルバム「JAZZ GUITAR 2」発表。
演奏活動の他に、教則本「目からウロコのジャズギター」、スタンダード曲集「ジャズ・スタンダード・コレクション100」の執筆、ジャズセミナーなど、「ジャズの楽しさ」を広める活動に力を注いでいる。

北島佳乃子 (Pf.)

福岡県出身。幼少の頃より、祖父、母の影響によりJAZZを聴き、後にJAZZピアニストを志す。
2010年に福岡女子短期大学音楽科ピアノ専攻を卒業。2012年にピアニストBarry Harrisのワークショップに参加したのをきっかけに、ビバップに傾倒。2014年には小沢征爾氏、大西順子氏、主催による、サイトウキネンジャズワークショップに全国から選抜され参加。2015年に上京し、拠点を東京に移す。以後、村田浩氏tp,大森明氏as,岡崎好朗氏tp,今津雅仁氏ts,片岡雄三氏Tb,宮之上貴昭氏gt,岡淳氏ts,中島朱葉氏らと共演。自己のピアノトリオを持ち、都内を中心に活動中。

熊倉未佐子(Cl.)

ジャズを子守唄に、6歳でピアノ、9歳でクラリネットに出会う。洗足学園音楽大学 音楽学部 ジャズコース クラリネット専攻。学部では谷口英治、中村誠一、川嶋哲郎に師事し、2013年卒業。 ピアニスト高浜和英と、高校生の頃よりライブ共演を重ね、2014年3月には高浜和英のバンドメンバーとして台湾コンサートツアーに参加し大成功をおさめる。 2014年7月にJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントInvitationよりリリースされた手嶌葵のアルバム「Ren'dez-vous」の収録楽曲 いつもはじめて -Every Time is the First Time! に参加。 第35回浅草ジャズコンテストに自身のカルテットで出場し、バンド部門銀賞、ベストプレイヤーに贈られるソリスト賞をダブル受賞。 現在は、日本のジャズ史上初の女性クラリネット奏者として、老舗ライブハウス銀座Swingをはじめ、首都圏を中心にライブ活動をする傍ら、 ピーアークホールディングスが運営するポッドキャストラジオとYouTube動画番組「ピーくん放送局 足立区イイネ!プロジェクト」の、メーンパーソナリティーに抜擢され、番組の進行や軽快なトークを披露。同社のテレビCMにもクラリネット奏者として出演するなど多彩に活動を展開している。

栗林すみれ (Pf.)

埼玉県立芸術総合高等学校音楽科、尚美学園大学芸術情報学部音楽表現学科 ジャズ&ポップスコース卒。
2014年JAZZAUDITORIAにてオープニング・アクトを飾り、その後3回に亘ってブルーノートトーキョーに出演。同年、行方均氏のプロデュースでサムシンクールレーベルからデビュー。
1stアルバム”TOYS”がジャズライフ、ジャズジャパンなどに取り上げられ2014年ディスクグランプリニュースター賞受賞。 
2015年早くもセカンドアルバム”Travellin’”をリリース。
2017年金澤英明との双頭リーダー作"二重奏"をローヴィングスピリッツから発売。
2018年、総勢11名参加のアンサンブル作品”Pieces of Color”とピアノトリオ作品”the Story Behind”を二ヶ月連続リリース。
ジャズライフ誌で表紙、巻頭特集でとりあげられる。
同年、Yokohama Calling のプロジェクトに参加、ロンドンのホクストンホールでのリーダー公演が好評を博す。
アンドリア(イタリア)でのソロコンサートも行う。
トランペッターNiran Dasikaとのデュオ、カルテット、また栗林すみれセクステットとしてオーストラリアのジャズフェスティバルに出演。
一番印象的だったパフォーマンス(australianbookreviewより)、フェスティバルのハイライト(CyberHalides Jazzより)、と評される。
イタリアのジャズマガジンJazz Conventionに取り上げられ、“Belonging to the young generation of Japanese jazz scene, Kuribayashi has become in the last few years one of the most appreciated pianists both for her noteworthy creative qualities and the remarkable storytelling that crosses the textures of her music.”と評される。
溝口肇のジャズアルバムへの参加や、NHKBSプレミアム『美の壺』でオリジナル曲が使用されるなど作曲やアレンジ方面の才能も発揮している。

先人への敬意と幅広い音楽性の融合から紡ぎだされるオリジナル曲とインプロヴィゼーションは新たな世界を切り開きながらも心地よく、多くの聴衆の心を掴む。

纐纈歩美(Sax.)

1988年岐阜県生まれ。
3歳よりピアノを習い、中学でサックスへ転向。
高校から本格的にジャズを始める。
2010年ポニーキャオンより、1stアルバム「Struttin'」にてメジャーデビューを果たす。
2011年2ndアルバム「DayBreak」
2012年ノルウェーでレコーディングした3rdアルバム「Rainbow Tales」を発表。
北欧のミュージシャンとの融合で生まれた新鮮なサウンドが評価される。
2013年2014年とニューヨークでレコーディングした4thアルバム「BrooklynPurple」「Balladist」を発表。
2016年敬愛するアートペッパーをトリビュートした最新アルバム「Art」を発表。
落ち着いた柔らかな音色と時にダイナミックなアプローチで、多くのファンの支持を得ている。

纐纈雅代(Sax.)

1歳より音楽好きな母と2人の姉の影響でピアノを弾き始める。
高校時代にチャーリーパーカーに影響を受けて、アルトサックスを手にする。2008年9月SONY MUSICより『鈴木勲 SOLITUDE FEAT.纐纈雅代』でデビュー。そのオリジナリティーは唯一無二としょうされる。2011年に自身のオリジナル曲によるリーダーバンド『Band of Eden』結成。サックスの他、作詞作曲、ムビラをつま弾きながら歌うスタイルは話題を呼ぶ。2015年suisui record発足、1stアルバム『Band of Eden』をRelease。インプロヴィゼーションの可能性を追求している。秋葉原 HOT MUSIC SCHOOLにてサックス科講師。

後藤沙紀(Pf.)

1990年 岡山生まれ。3才からヤマハ音楽教室に通い、クラシックピアノとエレクトーンを習う。高校生の頃、ジャズピアノに興味を持ち洗足学園音楽大学ジャズコースへの入学を決意。 大学ではピアノ奏法をユキアリマサに師事。その他にアレンジや作曲、和声法も学ぶ。在学中からlive活動を始め、卒業後は東京、神奈川、埼玉を中心にlive、BGM、セッションホスト等幅広く活動している。

小林夕夏(Vo.)

1990.8.10生まれ。
湘南生まれ湘南育ちのシンガーソングライター。
音大進学を機に本格的に音楽への道へと足を踏み入れ、ソロ名義での活動をスタート。
地元湘南や都内を中心にライブ活動を行う傍ら、中森明菜をはじめとする他アーティストへの歌詞提供やコーラスサポートなども行なっている。
また、ソロと並行して活動しているユニット"ユカリエ"では、今年5月に発売された元キャンディーズ 伊藤蘭1stソロアルバムにて楽曲提供している他、6月には自身初のフルアルバム「Yukarie」をリリース。
▷HP
https://www.sunsetsummer.net/

斉藤アリア(Key.)

通称・鍵盤ギャル。 福岡出身 地元にて作曲家の母の元、ピアノと作曲家を学ぶ。 10代の頃ブルースのハウスバンドを経験し、ポップスに転換。 その後上京し、 現在ブラックミュージックを中心にサポートミュージシャンとして活動中。 これまでの共演アーティスト m.c.A.T、クリスタル・ケイ、Skoop On Somebody、DA PUMP、Kurt Carr、etc

齋藤純一(Gt.)

ギター・作編曲 1983年8月4日生まれ 千葉県出身

23歳でギブソン・ジャズギターコンテストで特別賞を受賞後、ソロ・ギタリストとしての活動を始め る。 2011年3月1stALBUM『A Thousand Leaves』をWangan Music Recordsからリリース。ジャズをベースにしたギター作品ながらも、ジャズの範疇に収まらないポップでキャッチーなメロディ・センスが評判を呼び、(『アコギやフルアコを使った味わい 深いメロディーを聴くことができ、優れたメロディーメーカーとしての才も注目』※ギターマガジン2011年7月号から)スタジオジブリのカバーアルバム「ジブリカフェ」を始め、これまでに4枚のカバーアルバムもリリース する。 BEAMSとのコラボレーションCDにギター、アレンジで参加等、サウンドの幅を広げ様々なジャンルのトップアーティストと共演。 東宝主催の新感覚音楽朗読劇サウンドシアター”eclipse(エクリプス)”出演をきっかけに2015年ポスト邦楽BAND ALIAKEを結成。2月渋谷JZBratより始動。11月ALIAKE 1stALBUM『Rapid Promotion』リリース。 その他にアーティストのライブサポート、レコーディング、楽曲提供、NHK World「Blends」ギター兼アレンジャー等、幅広い演奏活動を展開中。


さくら(Ba. Vo. Uk.)

横浜市出身。中学校時代よりビッグバンド部でベースを始める。 
 
2003年、(財)ヤマハ音楽振興会ヤマハ音楽院を特待生として卒業。
2003年〜茨城県立常総学園吹奏楽部定期演奏会ゲスト出演。
2012年ももいろクローバーZ秋の女祭りin武道館に参加。
2015年フジロックフェスティバルにチャランポランタンと愉快なカンカンバルカンで出演。
2017年Rising sun Rock Festivalにチャランポランタンと愉快なカンカンバルカンで出演。
2017年フジロックフェスティバルにDJみそしるとMCごはんのケロポン定食で出演。
2017年「Ear Candy Jazz Factory」ジャカルタ、シンガポール公演に出演。

現在は「横濱音泉倶楽部」「秋田 孝訓&侍BIGBAND」「M&K」「チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン」「ケロポンズ」「923Bigband」「五十鈴ココ」等に参加。「EarCandyJazzFactory」「 GentleJazzAlliance」「BB-FLATS」「Cherry Spice」「さくらバンド☆ユカイ」メンバー

共演アーティスト
rei narita、佐藤奏、チャランポランタン、ケロポンズ、DJみそしるとMCごはん、八神純子、渡辺真知子、寺井尚子、ぼんちおさむ、ハクエイ キム、小沼ようすけ、北村英治、東京スカパラダイスオーケストラ、ミッキーカーチスetc...

YAMAHA管弦打学校営業部講師。 
代官山音楽院ギタークラフト&リペア科講師。 

ガンジー坂口、後藤眞和、バカボン鈴木、鹿島達彦の各氏に師事。

佐々木正治(Gt.)

2000年春、バークリー音楽大学により奨学金を獲得し、同年秋、再び渡米。バークリー音楽大学に入学する。在学中にWayne Krantz, Sheryl Bailey, Bruce Sanders, Mark Whitfield, Mick Goodrickにギターを師事。在学中にバークリー音楽大学から特別最優秀ギタリストとして選ばれ、Pat Methenyからレッスンを受ける。同理由によりGuitar Achievement Awardを受賞。2004年春、同大学Performance Major Degreeを卒業、学士号を取得する。
 在学中より、ボストン、ニューヨークで精力的に活動し、Esperanza Spalding, Cyrus Chestnut, Ralph Petersonと共演する。後に様々なレコーディングなどにも参加、ミュージカルでの演奏も経験し、幅広く活動する。
 活動拠点をロサンゼルスに移し、Hollywood, Sunset Strip, Santa Monicaなどのクラブを中心に数多くの第一線のミュージシャンと仕事を重ね、数々のレコーディングなどにも参加。
 11年間のアメリカでの活動から日本へ帰国し、東京を中心に全国で活動し、帰国後の主な共演者として、中川翔子、吉幾三、KU、Soffet、Yoyo the PianomanのサポートやKK Friends With 村上”PONTA”秀一などの企画ライブにも参加し、ジャンルを問わず幅広く楽曲提供を行っている。

佐藤ミドリ(Pf.)

大徳俊幸先生にジャズピアノを師事。
ヤマハでポピュラーピアノとエレクトーンの講師を経て、現在は東京近辺でのジャズライブ・ジャムセッションホスト・地方のイベント・ホテルに出演・ジャズピアノのレッスンを行う。
9年近くジャズバーでハウスピアノを勤め、BS金沢英明氏、DS鈴木ウータン正男氏などと共演。
スタンダードからオリジナルまで幅広く演奏する。

島野和樹(Dr. Per.)

ドラマー・パーカッショニスト 13歳からドラムを始める。 大学時代、プロドラマー岩瀬立飛氏のローディーをしながら修行。 第34回山野ビッグバンドジャズコンテストで最優秀ソリスト賞受賞。 その後東京ディズニーリゾートのエンターテイメントでプロ活動を開始し、 以降ジャズ、ラテン、サンバ、ロック、ポップスなど、 幅広いジャンルでドラマー・パーカッショニストとしてライブ、レコーディングに参加。 アーティストとしては2009年に横田寛之ETHNIC MINORITY、2011年にはHIBI★Chazz-Kに参加。 ETHNIC MINORITYではEWEより1stアルバム「Startin'」を全国リリース。 オーネットコールマンのバンドのメンバーとして名高いフリージャズ界の巨匠、 ジャマラディーン・タクマ氏の目に留まり、来日中の合間を縫って深夜セッションレコーディングを敢行。 HIBI★Chazz-Kでは三度の海外公演(米:ワシントンD.C.、韓:浦項、米:NY)を成功させ、 ポニーキャニオンからメジャーデビュー、1stアルバム「Happy Sax Hit Express」を全国リリース。 同作で日本レコード大賞企画賞受賞。 近年は自身のリーダーバンドBanda Cafe Mochaを主催するなど活動を広げている。

進藤 洋樹 (Gt.)

神奈川県横浜市生まれのギタープレーヤー。 高校の頃より音楽に興味をもち始め、アコースティックギターを独学で勉強し、 ソロでもバンドでも活動を始める。 その後、本格的にギターのレッスンを受け始め、そこでジャズギターの音色に 惹かれジャズの道を歩き始める。 高校卒業後、国立音楽院に入学し音楽の理論、作曲の理論、ギターの奏法を 習得する。在学中にも外で音楽の仕事やセッションを重ね多数のミュージ シャンと共演し経験を積む。 様々な状況でのセッションを経験しオールジャンルのギタープレーヤーとして、 日本全国を拠点とし、レコーディングやライブの活動していると同時に、次世代のミュージシャンを 育てる為教鞭を振るう。アレンジャー、コンポーザーとしても定評がある。岩谷耕資郎氏に師事。

末松一人(Gt.)

東京都出身 福岡育ち
上京後、青柳翔、青山テルマ、JUJU、クレモンティーヌ、ケミストリー、中森明菜他多数
のメジャーアーティストのライブ・レコーディングに参加。作編曲も手がける。
2006年には鈴木健治、青山純、佐々木久美、種子田健と、バンドK.R.B.も結成。LiveDVDを発売。
2013年に元サンハウス、柴山俊之率いるバンド「春歌」のギターリストとして参加。
2014年よりKazuto Suematsu Bandとして活動開始。
2018年9月9日
構想15年。ひねくれたソウルミュージックをテーマに様々なジャンルを練りこんだ渾身の
ギターインストアルバム「Curiously Twisted Soul」を発売。あの世界最高の裏ギターヒーロー
Oz Noyを始め、元ボガンボスのDr.kyOn、エリック・クラプトンなどと活動している奥本亮、
ジギーマーリーバンド秋元武など国内外のトップアーティストが参戦。

杉山貴彦(Pf.)

1980年生まれ 静岡県出身
3歳よりピアノを始めクラシックに親しむ。群馬大学在学中よりジャズピアニストとしての活動を開始し、数々のジャズクラブへ出演。同大学院卒業後、 Berklee Collage of Musicの奨学金を得て単身渡米する。在学中はJoAnne Brackeen、Dave Liminaをはじめとする教授陣に師事。校内外を問わず数々のステージで演奏経験を積む。同時にYellowjacketsのキーボーディストであるRussell Ferranteにも師事し、氏の作曲法、ハーモニーに多大な影響を受ける。2006年春、同校のAward(Technics Endowed Scholarship)を受賞。同校パフォーマンス科を卒業した後、Russell Ferrante氏の作曲技法をより深く学ぶためLAへ短期滞在する。2007年に完全帰国。ジャズピアニストとしての活動を都内で開始する。2010年、杉山貴彦トリオ「Scenic Path Tour 2010」を大成功に収める。またフジロックフェスティバルへ出演する等、活躍の場を大きく広げる。現在は自己のバンド他、数々のアーティストのサポート、曲提供等、精力的に活動している。

鈴木健治 (Gt.)

1982年プロ入り 歌謡曲、演歌を中心に多くの芸能人のコンサート、ディナーショーに参加。 2017年まで美川憲一専属ギタリストを務める。 ジャズギタリストとしても積極的に活動しており、コンボやビッグバンドのライブ、吹奏楽団の定期演奏会への参加、講師としてスクールでの指導等も行っている。

鈴木康恵(Fl.)

大宮光陵高校音楽科、武蔵野音楽大卒業後、クラシックから一転JAZZを志す。 現在はペニンシュラ東京をはじめ都内県内のホテル、ライブハウス、イベントなどで活動中。 イブシロン音楽教室講師。 Classicは白尾隆、R・コヴァーチ、佐伯隆夫、各氏に師事。 Jazzは井上信平氏に師事。
 


 鈴木大輔(Gt.)

1977年生まれ 15才でギターを始める 2002年 jazzに出会い 浅草のライブハウス janomeを中心に多数のミュージシャンとセッションを重ね 2007年プロとして活動を開始 オーソドックスなスタイルをベースとし自己の表現を追及 その音色と歌心には定評がある 2019年第1回赤坂ジャズギターコンテスト グランプリ bf Jazz school(田端、白山、神田、越谷) jazz guitar科講師 現在、首都圏を中心に トリオ(寺尾陽介b西村匠平ds)、オルガントリオ「メガネーズ」(鈴木大輔g楠直孝org海老澤幸二ds) 、wraptics(org西川直人ds紺野智之 g鈴木大輔) 、 Happy Jazz Trio(ts,fl浜崎航、b高瀬裕、g鈴木大輔) 、 デュオ ソロなど幅広いスタイルで活動中 2012年 メガネーズ 1stアルバム「Can't help falling in love」、2013年2ndアルバム「Besame mucho」をリリース 2014年 大坂昌彦プロデュース Novie 2ndアルバム「In The Bottom Of My Garden」に参加は 2015年 wraptics「wraptics」をリリース 2016年 萱原恵衣 1stアルバム「passage」に参加 2017年 多田誠司プロデュース 南雲麻美 1stアルバム「get happy」に参加

曽我部 泰紀(Sax)

1995年3月31日生まれ。 大阪府河内長野市出身。 大阪音楽大学に特待生として進学しジャズサックスに傾倒。 河村英樹氏(Ts)に師事。 2015年 第6回神戸ネクストジャズコンペティション準グランプリ受賞。同年Global Jazz Orchestra に参加し3年間勤める。同バンドにてDick Oatts、Bob Sheppardらと共演。 2016年アメリカ・ニューオーリンズで行われるFrench Quarter Festivalに出演。 大学卒業後2017年、FM COCOLO World Jazz Warehouse公開収録にゲスト出演。 同番組にてReis Demuth Wiltgen trioと共演。 2018年9月にはアメリカ・ニューオーリンズにて菊池ハルカ(tb)のレコーディングに参加。 現在、都内を中心に活動している。

竹中俊二(Gt.)

エレキギター、アコーステックギター、サウンドプロデューサー、作曲家、編曲家、ギターインストラクター
高知県出身、10月23日生まれ、天秤座、AB型。
幼少よりピアノを学び、ロックギタリストだった兄の影響によりギターを始める。実家がジャズ喫茶を経営していた事もあり、ジャズ、ロック、ブルース、ソウルなどを聴いて育った為、音楽に目覚める。クラシックギターを平木勝津夫に、ジャズギターを潮先郁男に師事。エレキギター、アコースティックギターを操りジャズ、ポップス、R&B、ブラジル、ワールドミュージック、エレクトロなど、様々なジャンルを行ったり来たり。
松下奈緒、Malta、マリーン、平井堅、ギラ・ジルカ、中西俊博、東儀秀樹、溝口肇、ゴスペラーズ、Jazztronik、和田アキ子、高橋真梨子、モーニング娘、ばんばひろふみ、森昌子、中森明菜 etc...、多くのアーティストのレコーディングやサポート。ビートマニアやドンキーコンガなどのゲーム音楽、及びCM音楽制作。アーティストへの楽曲提供やアレンジ及びSound Produceなどなど、幅広い分野を駆け巡る雑食系サウンドクリエーター&ギタリスト。

田中綾美(Pf.)

1月13日生 山羊座 O型
4歳の頃からクラシックピアノを習い始め、小学一年生から作曲を始める。 その後オリジナル曲で弾き語りをするようになり、 高校生バンド大会YHMFの決勝大会に二度出場。横浜アリーナにて演奏する。 音楽学校に進学し、クラシック、ジャズ、作曲、アンサンブルなどを勉強。 卒業後は、ピアノ、キーボード、ボーカルを担当する自身のバンド活動(Carnavacation、Fish)をはじめ、 ピアニスト、キーボーディスト、ピアノ講師、また作編曲家として活動している。

千野 こころ(Hr.)

山梨南アルプス市出身。音楽家、ショコラアドバイザー、フードアナリスト、やまなし大使。『癒し』をお届けすることをテーマに、 敷居が高く思われがちなクラシック音楽をもっと身近に感じて もらえるよう、ボーダーレスに活動を展開。 その活動はホルン演奏やレッスンだけにとどまらず、司会業、BGM コーディネート、コンサート監修、講演会など幅広く、 特に音楽心理士の資格を活かした癒しを与える空間作りに定評がある。

2013 年には、フルート奏者・関井うららと共に、ホルンとフルートによるユニット「ura*coco( ウラココ )」 を結成し、著名な作曲家による作品を数々発表。世界的に見てもあまり前例がない斬新なスタイルが注目を浴び、 多数のテレビやラジオに出演。「美人すぎるホルン奏者」として話題になり、フレキシブルに対応できるキャラクターも手伝って 昨今ではソロでの出演なども増加している。

2016 年 3 月 9 日、福田洋介氏ら著名作曲家陣による書き下ろし作品を掲げたセカンドアルバム『GIFT』を KARAKURI RECORDS より発売。TSUTAYA2016 年 3 月度クラシックチャート全国 1 位、Amazon クラシックチャート 3 位、ビルボードジャパン トップクラシックアルバム初登場 6 位を記録し、全国ツアーを敢行した。

2016 年~2017 年 YBS ラジオ「千野こころのハーモニック・ハート」にてパーソナリティを務め好評を博す。
2018 年、やまなし大使に就任。

 ・株式会社プライムフレーズ 取締役
・千野こころホルン教室主宰
・甲府市民吹奏楽団常任指揮者
・一般社団法人フェミニンリーダーズ(山梨支部)
・iBミュージックスクール講師
・フードアナリスト
・ショコラアドバイザー

YBSラジオ
クラシック音楽番組 「千野こころのハーモニック・ハート」にてパーソナリティを務める(2017)。


千葉史絵(Pf.)

埼玉県出身。6歳よりクラシックピアノを始める。大学卒業後ジャズピアノを大石学氏、西由貴子氏に師事。作曲を現代音楽作曲家の池田悟氏に師事。現在都内ライブハウスでオリジナルやスタンダードのライブを行う。ヤマハPMS講師。
2009年6月27日、トリオでアルバム「Tip of dream」発売。
2009年横濱JAZZ プロムナードコンペティションにて自己のトリオで出場、JAZZクラブ賞受賞。
2012年9月John Lennon Songwriting Contestにてオリジナル曲“Echo”がファイナリスト入賞。
2013年7月T-TOC Records CADENZAレーベルよりトリオのCD『Echoes』発売。
2014年International Songwriting Competitionにてオリジナル曲“ringlight”がセミファイナル受賞
2015年7月、ソロからセプテットまでの編成で臨んだミニアルバム『Rougequeue』発売。
ウサギ好き。カレー好き。整理整頓が苦手なA型。

出島陽子(Vo.)

2003年Berklee College Of Music入学2006年卒業
Jazzを初めとする色々な音楽を学ぶ。
大きな出会いはLisa Thorson。歌うことの深さや強さを教えてもらう。
ジャズやポップスをルーツに様々なアーティストとコラボやレコーディング等シンガーとしての活動を重ね、2014年には絵本のような感覚で聴き進める独自の世界をつめ込んだアルバム「トリのおはなし」をリリース。

永武幹子(Pf.)

千葉県船橋市に生まれる。 3歳よりクラシックピアノを始め、ヤマハ音楽教室で寄島清美、寺西誠各氏に師事。即興演奏や作曲を学ぶ。中学時代は法田中学校ブラスバンド部に所属し、トランペットを担当。 早稲田大学入学後、同大学モダンジャズ研究会、ハイソサエティオーケストラに入り、ジャズに目覚める。ジャズピアノを清水くるみ氏に師事。 現在は自己のバンドをはじめとする様々なバンドで都内中心に演奏活動を行う。2016年、植松孝夫グループ、鈴木勲OMA SOUNDに加入。増尾好秋MAGATAMA結成。2017年酒井俊 律動画面結成、Duoでの活動も開始。 これまでの共演者としては、林栄一、竹内直、芳垣安洋、藤井信雄、中牟礼貞則、井上信平、橋下信二、本田珠也、Akira Tana、Arthur Hnatek他。(敬称略、順不同)

中藤孝二(Gt.) 

1985年生まれ。
14歳でロックギターを始めるが、高校に入学する頃からブルースやジャズ、クラシックギターを演奏するようになる。
立教大学に進学後、大学在学中よりプロ活動を開始。 ジャズを中心に、R&B、ファンク、ブルース、ポップス、クラシックに至るまで、
幅広いジャンルを演奏する。 ジャズギターを杉本喜代志氏に、クラシックギターを安達常一氏にそれぞれ師事。
現在は、自ら作曲も手がけるリーダージャズバンドで精力的に活動する傍ら、様々なアーティストのサポートやダンスホールなどで演奏活動を行っている。 共演アーティスト 黒沢 薫(ゴスペラーズ)、元晴(元SOIL&"PIMP"SESSIONS)、MARU、谷村奈南など

行川さをり(Vo.)

ジャズやブラジル音楽をベースに活動する歌手。リズミカルで個性的なシラブルのスキャットから静寂を描く声色まで、様々な色合いで空間を満たすような声が特徴。

・CD
2010/12月1stCD「Se pudesse entrar na sua vida」
2013/3月2ndCD「Fading Time」
2015/12月3ndCD「[-scpes,]」※
 ※phacoscape(ファコスケイプ:ピアノ伊藤志向・クラリネット土井徳浩とのトリオ)名義でリリース

・works
CM歌唱、企画CD参加(2010年「大滝詠一“A LONG VACATION”from ladies」等)、
楽曲提供(福岡県八女市公式 移住定住計画「八女のロマン」PR動画への音源提供)、
この他、ホテルやギャラリー、施設での演奏等。

HP
http://namekawasawori.com/

西川 彩織(Dr.)

1989年生まれ。和歌山県田辺市出身。
小学生の頃よりピアノやエレクトーンを習う。高校では合唱部に所属。慶應義塾大学入学と同時にドラムに転向し、同学のフルバンド・サークル「K.M.P. New Sound Orchestra」でスウィングジャズを中心に演奏する。当時ドラムを粕谷謙介氏に師事。
卒業後、一旦は企業へ就職するが、2015年に脱サラし演奏活動を本格化。自己のグループでのライブも定期的に開催し、ドラムの演奏だけでなくオリジナル曲の制作やアレンジにも力を入れるようになる。
2018年、ジャズとクラシックの融合を基軸とする女性ユニット「Fabrhyme」でアルバム “HELLO” をリリース。
2019年、doLuck Jazzより初のリーダーアルバム “Dreamer” をリリース。リリースパーティをMotion Blue Yokohamaで行い、盛況を収める。
現在は年間150本以上のライブに加え、レコーディングやセッションホストなど様々な現場で日々腕を磨いている。
これまでに、David Matthews、Eric Marienthal、川嶋哲郎、高木里代子、多田誠司、中村健吾、山本剛 各氏ら著名ミュージシャンとの共演歴あり。

Fabrhyme Official Website → fabrhyme.com

寝占友梨絵(Vo.)

1990年、横浜生まれ。
2012年、国立音楽大学演奏学科鍵盤楽器(ピアノ)専修卒業、演奏応用(ジャズ)コース修了。
ジャズアンサンブルを山下洋輔、小曽根真、池田篤、金子健の各氏に学ぶ。幼少期から様々な楽器に触れ、クラシックピアノを学ぶために入学するも、ジャズヴォーカルの楽しさに目覚めてしまい、2010年6月から徐々にヴォーカリストとしての活動を始める。
【浅草ジャズコンテスト2014】ヴォーカル部門グランプリ受賞。
モンゴルで毎年行われている【Giant Stepps Jazz Festival】に2014年から毎年出演。
2016年、【宮崎国際ジャズデイ】に山下洋輔スペシャルクインテットで出演、【斑尾ジャズエスティバル】出演、谷川親子(谷川俊太郎、谷川賢作)のイベントにゲスト出演。
2018年7月にマレーシアで行われている【Damansara International Arts Festival】に出演。
TBS日曜劇場『家族ノカタチ』挿入歌、日テレ『奥様は取り扱い注意』挿入歌、スヌーピーミュージアムのオリジナル曲コーラスを担当。
これまでに『Sometime Back』『小さな一人』の2枚のアルバムをリリース。一枚目はただいま完売中。コンピレーションアルバム『日常のジャズ』も好評発売中。
現在はLIVE、弾き語り、ビッグバンドのゲストヴォーカルとしての出演、レコーディング、ナレーションなど、都内を中心に活動中。

野口茜(Pf.)

11月2日生まれ。4歳からピアノ、6歳から作曲を始める。
東京学芸大学教育学部芸術文化課程音楽科(作曲専攻)卒業。
日本では珍しい女性ラテンピアニストとして主に活動。ラテン以外にもJAZZ,Funk,Classic,またPOPSのサポート(GAKU-MC,つんく、My Little Lover,SONOMI,さかいゆう,など)とジャン ルを超えて全国各地で演奏活動中。
またアレンジャー、作曲家としても幅広く活動し、テレビ、ゲーム音楽等に楽曲提供も行っている。
クラシックを基礎とした ジャンルを問わない自由なピアノと風景が見えるオリジナル曲やパフォーマンスが好評を博している。
クラシック音楽を中心に勉強していたが、大学入学後20歳頃にラテン音楽に出会 い、衝撃をうける。
大学では和声等作曲理論を学びつつ学外でバンド活動を始める。
卒業後からプロ活動を開始、多数のJAZZフェスにも出演。
2007年3月の第26回浅草JAZZコンテスト/バンド部門でグランプリを 受賞。
「東京ブラススタイル」設立時に在籍、 プレイヤー、そしてアレンジャーとしても参加。
その他、「ANIJAZZ COMBO」「J-BRASS」などのCDにも参加。
2009年からはClay Jenkins(tp)、Hakon Storm(g)、Eric Marienthal(as)、Bill Watrous(tb)、Scott Martin(sax)、Bob Sheppard(sax)ら海外有名
ミュージシャンとも共演を重ねる。
2010年ステラジャム(全日本ジュニアジャズオーケストラ・フェスティバル)に出演。課題曲の吹奏楽アレンジ(原曲はTom Kubis作曲)も手がけた。
現在は自己リーダーピアノトリオをはじめ、リーダーラテンビッグバンド「Monaural Banquet Orchestra」ラテンジャズバンド「Los Tocaydores」そして2014年夏からはトランペットとのDUO「Somethiing New」などを中心に活動中。
他にも、幼稚園~高校での芸術鑑賞会での演奏も行っている。
ラテン音楽の楽しさや、作曲の楽しさ、などを教えるために 新潟、岐阜、青森、三浦、川崎、横浜、都内等公演も多数。
子供に音楽の楽しさを伝えることにも積極的に携わりこれからは親子向けライブの機会も増やす予定。

萩原可奈(Fl.)

栃木県佐野市出身。3歳よりピアノ、9歳より小学校の吹奏楽部にてフルートを始める。17歳よりフルートを白尾彰氏に師事。桐朋学園大学卒業、同大学研究科目修了。日本クラッシック音楽コンクール等、国内コンクールにて受賞。これまでにフルートを白尾彰氏に、室内楽を斉木隆、佐藤公一郎、白尾彰、猶井正幸、法倉雅紀、三瀬和朗、エマニュエル・ジラールの各氏に師事。現在は後進の指導にあたる他、パーティー演奏、CMやアーティストのCDレコーディング、ライブサポート、小学校芸術鑑賞教室や式典演奏、ファミリーコンサートなど、様々な場面で演奏活動を行っている。

フルートとピアノのデュオ「Duo-leaf」メンバー。


服部恵(Per.)

福岡出身。東京芸術大学卒業。
ブルガリア打楽器国際コンクールDuo部門において1位なしの2位、特別賞受賞。
イタリア国際打楽器コンクールVibraphone部門にて1位受賞、総合優秀賞を受賞。
久石譲ピアノスト―リーズコンサートツア-、NHK番組「The☆Star」の久石譲の特集にて共演、TV出演。
日本テレビ開局55年記念記念企画「アナウンサーコンチェルト」にて、音楽指導、TV出演。
メキシコのチアパスにて行われたフェスティバル「MARIMBISTAS2010」に日本代表として、招待演奏。
にっぽん丸・ぱしふぃっくビーナスなど豪華客船の国内外クルーズに乗船、演奏披露。
ももいろクローバーZ、さまざまなアーティストのCD、テレビ番組、CM、”バケモノの子” ”黒執事”など映画音楽、
シエナウィンドオーケストラのファイナルファンタジーのレコーディングに参加。
フリーパーカッショニストとして、クラシック・Jazz・Pops・ラテンなどジャンルを問わず活動中。
オリジナルCDʼ小さな森ʼ、クラシックビブラフォンCDʼVibra-canto BLUE ʻを絶賛発売中。

ホームページ 

平野翔子(Vo.)

京都市出身
高校時代の3年間芸能プロダクションに所属演技・ダンス・発声などを学びながらドラマ・映画に出演。その頃からバッキングボーカルで音楽活動を始める。 高校卒業後、AN MUSIC SCHOOL KYOTOに入学。 セッションやレコーディングの仕事を始め、ポップスをルーツにジャズから歌謡曲まで幅広くライブハウス・ホテル・野外イベント・ブライダル・ディスコなどで歌う。 NHK『ジャズライブKOBE』に定期的に出演中。 現在年間約300本の演奏活動を展開中。 2017年12月、1st mini albumを全国発売

平山順子(Sax)

1996年に洗足学園短期大学音楽科でクラシックサックスを学び、科首席で卒業。在学中は冨岡和男、大和田雅洋各氏に師事。
アート・ペッパーとデクスター・ゴードンのCDを聴き衝撃を受け、同短期大学ジャズコースに入学、卒業。
山中良之、ボブ・ザング、音川英二、石崎忍各氏に師事。フルートを大石三郎氏に師事。
穐吉敏子、澤田一範、鈴木勲、多田誠司、中村誠一、林栄一各氏等と共演する。
現在、自己のバンド「平山順子カルテット」を率いて精力的にライブを行う傍ら、サイドとして演奏活動や、
ヤマハPMS講師として指導も行なっている。
作曲家、アレンジャーとしても活動。
またKOTORI LABELを立ち上げ、ミュージシャンのバックアップに力を注ぐ。
2012年2月にファーストアルバムをリリース。NHK-FMセッション2012にも出演。角脇真(Pf)バンドでのレコーディングも近日リリース予定。

福井アミ(Pf.)

4歳よりエレクトーンを始め、6歳よりヤマハジュニア科専門コースで作曲・編曲・その他音楽全般を学び、クラシックピアノを岡山好直氏に師事。
小・中・高と雙葉学園で学ぶ中、オスカーピーターソンの演奏に魅せられジャズの魅力にのめり込む。17歳よりユキ・アリマサ氏に師事。
洗足音楽大学在学中から、セッションへの参加、ライブハウスでの演奏を始める。
同時期より作曲活動にも専念し、自身のトリオ活動を積極的に行う。
2010年に自身のオリジナル曲のみで構成された 1st Album “Urban Clutter” を anturtle analog records よりリリース。
同アルバム収録曲のOrganic shower は福岡テレビの人気エンターテイメント番組「おとななテレビ」のオープニング曲として使用される。
その後、2013年5月に2ndアルバム“AMIZM”をリリース。
翌年2014年にはオリジナル曲「Lion’s Empire」が 2014 International Songwriting Competition のジャズ部門でHonorable Mention を受賞。
2016年7月3rd アルバム”New Journey”をリリースすると、その翌年2017年2月、3月に同アルバムの収録曲「Into the sky」がJAL国際便のJazzチャンネルに採用される。


福家 巌(Gt.)

洗足学園音楽大学JAZZ 科、Berklee College of the Music(米)卒。Mick Goodrick, David Gilmore, Tim Miller,Bruce Saunders,Bruce Bartlett, Nir Felder らに師事。アメリカ各地のクラブでライブ、レコーディング、レッスン活動を行う。その後、豪華客船「RoyalCaribbeanCompany」のハウスバンドミュージシャンとして世界を周遊。「Princess cruise 」へ移籍後、2014 年7 月に帰国。現在はサポート、レコーディング、自己のプロジェクト等で精力的に活動している。

藤瀬友希(Sax)

神奈川県藤沢市出身。12歳からサックスを始める。洗足学園音楽大学ジャズコース卒業。卒業後は自身のビッグバンド、アルパカジャズオーケストラで全国の小中高校の芸術鑑賞会を回り、ジャズの楽しさを幅広く知ってもらえるよう活動を行う。アルトサックス、テナーサックス、フルートを演奏する。ジャズサックスアンサンブルSAXCATSメンバー。

藤野美由紀(SAX)

FUNK,SOULを中心とする、日本のサックス奏者。ソロ活動を展開し、多数の共演を実現し、リーダーアルバムをリリースし続ける。Candy DulferやMindi Abairなどとのトークセッションをこなしたり、また、日本でCandy Dulferの本やFUNKやSOULの本も執筆する。 2018年 5月には、ギタリスト佐橋佳幸によるプロデュースで、アルバムRight Timeをリリース。アメリカのファンキーサックス奏者 Eddie.M(プリンス、シーラE、13cat'sのサックス奏者)をスペシャルゲストに迎え、日本から世界に向けてFUNKメッセージを発信!

船山美也子(Pf.)

幼少の頃よりクラシックピアノを始める。 高校卒業後、洗足学園音楽大学音楽学部ジャズコースに入学。 2004年冬Berklee College of Music(Boston,MA)を卒業。 2005年夏に日本に帰国し、洗足学園大学を卒業。 帰国後はジャズピアニストとして自身のバンドでのライブ、様々なミュージシャンやバンドのライブサポート、ツアー、映画音楽のレコーディング等に参加。 キーボードマガジン、サウンド&レコーディングマガジン等への執筆。 音楽教育にも勢力的に力を入れ、全国の幼稚園・小学校・中学校での芸術鑑賞会での演奏、 2011年春~立命館大学大学院応用人間科学研究科増田梨花 教授とともに絵本を読み聞かせながらジャズの演奏をする活動に参加。 東日本大震災の被災地での演奏を重ねる。 5年間の大手楽器店音楽教室のジャズピアノ講師を経て、2011年に独立。 新宿区下落合で音楽教室『BBミュージックアカデミー』を始める。 現在は50名以上の生徒を日々指導、奮闘中。 洗足学園大学ジャズコース公認インストラクター。埼玉県八潮市音楽大使。BBミュージックアカデミー代表。

古屋ひろこ(Tp.)

山梨県甲斐市敷島出身。3歳よりピアノ、10歳よりトランペットを始める。
明治大学在学中にプロ活動を開始。現在は自らのリーダーバンドTHE OMATSURIES、そしてゲームやアニメ音楽シーンで絶大な人気を誇るバンド東京アクティブNETTsに所属しアジアやヨーロッパ、国内さまざまな場所でライブツアーやイベント出演、CDの販売を行う。その他劇伴や様々アーティストやバンドのサポートやレコーディング、CM出演を行う。 2014年に結成したリーダーバンドTHE OMATSURIESにて2015年に1st Album「カンパイ」をリリース。ジャンルを超え国内外を問わず精力的に活動を行う。

帆足彩(Vn.)

高知県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。 東邦音楽大学在学中より、音楽活動を開始。 クラシック、ジプシー、ラテンジャズ、ポップスと様々なジャンルでボーダーレスに活動している。 自己のユニット「チャランガぽよぽよ」は2014年にファーストアルバムをリリース。 これまでマルシア、May.J、デーモン閣下、大竹しのぶ、西村雅彦、佐久間レイ、中尾隆聖、岡本知高、そのほか多くのアーティストと共演。 映画「わが母の記」、「眠り姫」、「のんきな姉さん」、ミュージカル「若草物語」、「TRAILS」など、参加作品も多数。 箏教師の母の影響で小学生の頃から箏と三味線も始め、生田流宮城社大師範の資格を持つ。

程嶋日奈子(Bs.)

神奈川県藤沢市出身。幼いころからJazzに触れ、早稲田大学モダンジャズ 研究会入会をきっかけに本格的に音楽家への道を志す。 2009年にはピアニスト堀秀彰をゲストキーボード・レコーディングディレクター に迎え、トランペッターの高澤綾、ギタリスト山口廣和、ピアニスト菊池太光、 ドラマー秋葉正樹とともに自主製作CD、『August Sixteen』を発表。 2011年にアルトサックスプレイヤー横田寛之をフィーチャーし、 ピアニスト増田実裕、ドラマー岡部朋幸 とともに初の全国発売アルバム『Deep Dive』を発売。 ジャズ批評ブックス 「ジャズ古今往来―ビバップの心と技を受け継いだ日本 人ジャズ・アーティスト 」他各種メディアにも取り上げられ、 タワーレコード新宿店でレコ発イベントを行う。 その後も作曲活動などを続け、2014年に3rdアルバム 『Beyond the black』を発表。 近年は東京都内のみならず全国的にツアーなどで演奏活動を広げる他、 音楽スクールで後進の指導にもあたる。

前島七菜子(Pf.)

埼玉県立芸術総合高等学校音楽科を経て、
桐朋学園大学音楽部音楽学科ピアノ専攻卒業。
高校・大学共に成績優秀者による卒業演奏会に出演。国内多数のコンクールに入賞。
これまでにピアノを松本倫子、三界晶子、玉置善己の各氏に、室内楽を三瀬和朗、白尾彰、佐藤公一郎、若林顕の各氏に師事。
現在、アンサンブルピアニストとして室内楽を中心とした演奏活動を行うほか後進の指導、小中学校・高校での芸術鑑賞教室や式典演奏、アーティストのライブサポート、レコーディング、ラジオやインターネット番組への出演など多岐にわたり活動を行っている。
フルートとピアノのデュオ『Duo-leaf』メンバー。

前田泰之(Pf.)

5歳より桐朋学園大学附属子供のための音楽教室にて学ぶ。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。同校卒業演奏会及び日本ピアノ調律師協会新人演奏会に出演。
近年ではクラシック音楽にとどまらず、完全即興での演奏会やfox capture plan井上司氏との楽曲制作、FMラジオへの楽曲提供など新たに活躍の場を広げている。またアレンジにおいても原曲を自由に展開していく独自の即興スタイルには定評がある。

増倉ヨシマサ(Vo.)

3オクターブの広い声域とSoul,R&B、ゴスペルをバックボーンに持つソウルフルな歌声を武器にPops,Rockなど、ジャンルにとらわれないアーティスト。 2012年からソロシンガーとして活動を開始。 自身のライブ活動、さらには舞台などでのゲストシンガーとしても活躍。 2013年から他のアーティストのコーラス活動も並行して行う。 コーラスとしてはミュージックステーション、2016、2017年のNHK紅白歌合戦などにも参加 自身の初となるオリジナル楽曲が、日本R&B界の中心人物である、西崎信太郎氏のプロデュース作品"Rising Stars2"に参加。 2014年5月より日本を代表するプロデューサーであり、シンガーソングライターの今井大介氏との新時代デュオ"ON Tyme"を結成。 ON Tymeとしてプロデューサーであり、アーティストでもあるJiNのアルバム『Luv Groove』に、フューチャリングアーティストとしてAIやSkoop on Somebody、佐藤竹善らと共に参加。 またブラックミュージック専門誌として名高いbmrがプロデュースした『bmr presents The Truth -Japanese R&B Collection- selected by Shintaro Nishizaki』に久保田利伸、三浦大知らと共に初のオリジナル楽曲が収録された。 2016年から田中雪子が代表を務めるゴスペルチーム「Gospel Chronicle 」にパートリーダーとして参加。 “コーラス参加アーティスト” 谷村新司、AI、Skoop on Somebody、コブクロ、坂本冬美、Kiroro、サカナクション、天童よしみ、島津亜矢、ミトカツユキ、宮野真守

ませひろこ(Sax)

幼少期よりピアノを始め中学生でアルトサックスを手にする。 数々のコンクールで受賞し、東京音楽大学に特待奨学生として入学。 在学中に聴いたジャズのレコードでレスターヤングのプレイに魅せられ、卒業後はジャズテナープレイヤーになる事を決意する。 2006年浅草ジャズコンテストで銀賞受賞。セッションやライブなど様々な経験を積み都内を中心に本格的に活動を始め、自己のバンドやサポートなど幅広く活躍する。作曲家としても定評があり、ピアニスト山岸笙子氏のセカンドアルバムWhat's newレーベルより【Deja vu】の最終曲に自身のオリジナル曲“Tribute”が収録されCMソングにも起用される。 2016年横浜プロムナードデトロイトジャズフェスティバルコンペティションにて準グランプリを受賞。 現在は自己のバンドや様々なサポートやレコーディングなど幅広く精力的に活動を行っている。

松尾由堂(Gt.)

1977年福岡生まれ、佐賀、熊本と移り住む。中学時代にBob Dylanに傾倒、15歳でギターを始める。東京大学入学と同時に上京、森田修史(ts)の演奏に衝撃を受け、ジャズを聴き始める。2003年頃よりプロとして活動を開始。2012年リーダーバンドによる初のアルバム「BONANZA」発売。各地で好評を得る。2018年大口純一郎(pf)氏を迎えた自己のカルテットで2ndアルバム「Songs in motion」を発表。現在は鈴木直人(gt)とのデュオや自己のトリオのほかジャズ系のセッションワークを中心に活動中。

松原由紀子(Fl.)

プロフィール 9歳よりフルートを始め、尚美学園短期大学、東京コンセルヴァトアール尚美卒業。 第3回JILA音楽コンクール 室内楽部門第2位(1位なし) 卒業後クラシック音楽活動をしながらジャズを学び、現在は中南米やラテン音楽など、幅広いジャンルで活躍する。日本では珍しい、クラシックの基礎をしっかり持ちながらポピュラーも演奏するフルート奏者として数多くのアーティストと共演、ジャズフェスやラテン音楽のフェスに出演する。メロディーだけでなく、グルーヴを表現することが容易でないラテン音楽において、その実力が評価され、CD参加作品がキューバにて話題を呼ぶ。 今までに、ペドロ梅村(ペドロ&カプリシャス)、村上ポンタ秀一、小野リサ他、様々なアーティストと共演。 クラシックを齊藤賀雄、梅津正好、ジャズを井上信平、各氏に師事。 CD収録:リーダーでOTOIROを発表。 参加CD:大江戸ウインドオーケストラ、La Giraldilla、CHAKALA、小野リサ、Musica Atractiva

丸山朝光(Banj)

1987年5月24日生まれ。神奈川県川崎市出身。
 
都内を中心に活動する、テナーバンジョー奏者、ボーカリスト。
若手ニューオリンズ系音楽団、「ハチャトゥリアン楽団」を率いる。
 
幼少期に父親の仕事の関係でニューヨークにて3年暮らす。その際に見たニューオリンズから巡業で来ていた、「Preservation Hall Jazz Band」に心動かされ、
早稲田大学ニューオルリンズジャズクラブにてバンジョーを始める。
 
都内を中心に、ニューオリンズの音楽と文化を広めるため、幅広く活動しており、子供のためのワークショップなどにも力を注いでいる。
 
2012年12月に、日本最古の年またぎ音楽イベントである、「内田裕也ニューイヤーロックフェスティバル」に出演。
2013年10月にはニューオリンズの友好姉妹都市である島根県松江市にて、「リトルマルディグラ in 松江」というイベントを、トロンボーン奏者菊池ハルカとともに企画立案し、総勢300名のパレードを成功させた。
2014年12月、所属バンド「新谷健介オノマトペ」にて第34回浅草ジャズコンテストグランプリ、及び浅草ジャズ賞受賞。
2015年8月、女優シャーロット・ケイト・フォックスの1stアルバム「Wabi Sabi」のツアーメンバーとして参加。
2016年、自身のバンド「ハチャトゥリアン楽団」にて、「勝手にウッドストック」に出演。
2017年、名古屋フィルハーモニー交響楽団に招かれ、"Porgy And Beth"内の"Porgy Sings"を好演。

丸木かすみ(Pf.)

東京都出身。4歳からピアノをはじめる。
埼玉県立芸術総合高等学校、東京音楽大学ピアノ演奏家コース、同大学院器楽専攻鍵盤楽器領域伴奏科卒業。
伴奏ピアニストとして様々な交響楽団メンバーとの共演、NHK文化センターや池袋コミニュティカレッジをはじめとする講座での演奏を行い、被災地での復興支援や五つ星ホテルでのラウンジ演奏、またクラシックに限らずTVの吹き替えや指導など幅広く活動している。

深山 真里(Fl.)

フルート吹き。辻音楽師。千葉出身・A型・山羊座。
9歳からフルートを吹く。 中学・高校・大学とクラシック音楽を専門に学ぶ。
音大卒業後、クラシック以外のジャンルに興味を持ち、『自分』のスタイルを探しつつ音楽の世界をさすらいの旅をしている。
ゲーム用ソフト やCM音楽 、ドラマの収録に参加。クラウン(道化師)や話し手、水芸、マジシャンとのコラボレーションライブ、キッズコンサートや自身のライブなど音楽活動をしている。

宮本憲(Gt.)

10 歳でフルート、15 歳でギターを始める。 大学在学中ギターを藤ジャズスクールにて田井泰弘氏に師事。 大学を中退後 AN MUSIC SCHOOL 京都校に入学。 ギターを小嶋利勝氏に、アンサンブルを堀尾哲二 氏、西野やすし氏に師事する。 同校を卒業後ヤマハ PMS 講師の資格を取得、ギター講師として稼働する。 2012 年活動の拠点を東京へ移し、関東・関西でライブ、セッション、サポート その他演奏活動を行っている。 音楽ジャンルを問わず幅広く活動中。 ライブ、レコーディング参加アーティスト Little Glee Monster、今井麻美、木山裕策、ジャンクフジヤマ、前川紘毅、teatro raffinato(宮崎隆睦、下野ヒトシ)、佐藤タイジ等

村井千紘(Sax)

サックスプレイヤー 3歳からピアノを始め、中学時代に吹奏楽部でサックスを始める。 その後、洗足音楽大学ジャズコースに入学。川嶋哲郎氏・佐藤達哉氏に師事。 ジャズを中心にポップスやラテンなどジャンル分け隔てなく様々な音楽を学び、在学中からライブやレコーディングに参加。 現在プレイヤーとしての演奏活動を中心に、作曲・編曲、レッスンをしている。

 村田千紘(Tp.)

幼少よりピアノを習うが習い事が嫌いになり小学5年の頃でやめる。
そのころブラスバンドでフレンチホルンを担当し、中学の吹奏楽部でトランペットと出逢い、コンテストで全国大会に出場し優秀賞を受賞する。
高校への進学とともにさらに音楽への興味を広げ、マイルスデイヴィスに傾倒する。
早稲田大学に入学すると同大学の音楽サークルでジャズ、ラテン、吹奏楽やポップスまで幅広いジャンルで活動する「アンサンブル リドール」に参加、アレンジ等を経験し、プロとしての道を夢みるようになる。
卒業後トランペット奏者の牧野正洋氏に師事し、JAZZ理論を土岐英史氏に師事。
都内ライブハウスで活動を開始。
ガールズバンド「レディバグ」に参加していたが2015年解散。
タモリ氏の主催するヨットレース「タモリカップ」で結成した「マリンセーラーズ」のリーダーをつとめ、ピアニストの田中菜緒子とのジャズユニット「村田中」、早大OBビックバンド「シャイニーストッキングス」などに参加しており、多様なジャンルにて音楽活動中。

森 朗(Gt.)

1954年生。高校生からギターを始め、独学で奏法を習得、19才でプロデビュー、米軍キャンプやディスコ等で演奏。その後ジャズギタリストの潮先郁男氏に師事、ジャズの方法論を学ぶ。以来、ナイトクラブ、スタジオ、コンサート、ライブ、ギター講師、ギター教則本執筆等多方面で活動、もともと興味のあった作・編曲やプロデュースにも手を染め現在に至る。

森田英介(Pf.)

1971年東京都に生まれ 19歳よりピアノを始める 青山学院大学在学中に市川秀男に師事するとともに 香川裕史らと自身のトリオを結成しプロ活動開始 その後 バイソン片山のレキュラーピアニストとして 都内各地のジャズクラブなどに出演,3枚のCDアルバムに参加 また平川象士との共同ユニット"BIGJHON"ではベースに 岡田治郎、平石カツミ、箭島裕治等を迎え 六本木 pit inn や Blues Alley Japan を中ライブ活動を続け 2000 年VMEより全曲オリジナルのCD”La Fuente” をリリース その後 森田英介トリオを結成し 新宿 Pit inn を中心に演奏 また Latin、Brazil、Funk、Fusionなど幅広いジャンルの音楽を得意とし 小畑和彦 織原良次 Sebastiaan Kaptein 鹿島達彦 等 多彩なスタイルのメンバーと演奏活動を続け 2012年 Gregg Lee 平山恵勇とともに 自身のオリジナルアルバム"ANIMA"をリリース 時に美しく 時に奇想天外 まるで遊ぶように音に色をつけ物語 を紡ぐように奏でていく 音楽性はジ ャンルを越え沢山の人に愛される。

守谷美由貴(Sax)

香川県出身。中学の吹奏楽部からサックスを始め大阪音大短大部でクラシックを赤松二郎に学ぶ。その後東京に転居し、土岐英史、多田誠司にジャズを学ぶ。
鈴木勲bグループ、女性バンドBIANCAのメンバーとして活動する。
2006年ビクターエンタテインメントより発売のオムニバスアルバム、「LE CHOCOLATE DE H」の中に自らが作曲した「Chocolate」が収録される。
2007年、松尾スズキ演出のミュージカル“キャバレー”に出演。
2008年、テイチクタクミノートよりアルバム「BIANCA」でメジャーデビューし、ADLIB アワード国内ニュースター賞を受賞する。
2010年10月、自主レーベルCoume Music より初のリーダーアルバム『Cat's Cradle』をリリース。
現在は自身のリーダーバンドでの活動の他様々なセッション、日野皓正tp、山下洋輔pf、峰厚介ts、林栄一as、今村祐司per、などのベテランミュージシャンとの共演、また、日野皓正PRESENTS“JAZZ FOR KIDS”に「DREAM JAZZ BAND」の講師としても参加している。

門馬瑠依(Vo.)

北海道出身。
5歳からクラシックピアノを本格的に習いはじめた事が、音楽の世界に足を踏み入れるきっかけとなる。
20歳からボーカリストとして北海道札幌市内のvocal live BARを中心にレギュラー活動、
当時はジャズではなくロックやR&Bを中心としたナンバーを歌っていた。
ジャズとの出会いは22歳。
ソロ活動に転向し、北海道内全域でライブ活動・イベント参加等幅広く活動。
23歳で上京。
ジャズを中心にポップス・R&Bなど様々なジャンルのプレイヤーと共演。
現在は関東を中心に、全国各地でライブ・イベント参加、有名ホテル演奏、弾き語り演奏、コーラスサポート等で活動中。ジャンルにとらわれない「門馬瑠依」という唯一無二の世界観は観客・共演者から注目を浴びており、様々なプレイヤーとのアコースティック感溢れるライブ活動は好評を博している。
演奏活動の他、講師としても活動の幅を広げている。

2011年5月、ロシア・サンクトペテルブルグで行われたNPO法人による日露文化交流の祭典に参加。
2013年4月、ファーストミニアルバム『Decision』発売。
2015年7月、セカンドアルバム『夢の浮橋』発売。
2016年7月、フィリピン・マニラにて行われた Wind&Jazz FestivalにCultural Center Of PhilippinesのPresident RAUL M. SUNICO氏のコーディネートを受けゲストシンガーとして参加。
2017年2月、埼玉県八潮市音楽大使に就任。
2017年3月、オリジナル楽曲を中心に活動するギタージャズトリオ+ボーカルユニット『NUCO LABORATORY』のオリジナル楽曲EP配信開始。

門馬瑠依Official HP
http://www.monmarui.jp/

門馬瑠依ブログ
http://ameblo.jp/monma-rui-jazz

門馬瑠依facebook
https://www.facebook.com/Tabisuru.Utautai.MonmaRui

twitter
http://twitter.com/#!/MonmaRui

安ヶ川大樹(Bs.)

1967年、兵庫県西宮市出身。 幼少のころよりピアノを始め、明治大学入学後、「ビッグ・サウンズ・ソサエティ・オーケストラ」入部を機に、コントラバスをはじめる。牧島克彦氏、吉野弘志氏 吉田秀氏に師事。
1989年、「第19回山野ビッグバンドコンテスト」にて最優秀賞受賞。
1991年、アルファレコードより、CD「Down under」に参加、プロ活動を開始する。
96、97年にはマリーナ・ショー(Vo)の全国ツアーに参加。
98年より、故日野元彦(ds)のクインテットに抜擢され、CD ダブルチャント(EWE) に参加する。
2001年より自己トリオ、ソロライブ活動を開始。
2002年9月、EWEより全編ソロベースアルバム 「Let My Tears Sing」
同年2月、自己トリオ"Ya!3"のアルバム 「LOCO」
2004年7月 安ヵ川大樹トリオ 「KAKEROMA」 をリリースし、好評をはくす。
同年  NHK夢音楽館 にピアニスト小曽根真氏と、デュオで出演。
2006年5月、9人編成のリーダービックコンボ 《ファーイーストジャズアンサンブル》 を立ち上げる。
2007年8月 ファーイーストジャズアンサンブルで、松江城国際ジャズフェスティバルに、 エディーヘンダーソン(tp)を迎え出演。各方面より絶賛される。
2007年8月 スキップレコード より CD《ファーイーストジャズアンサンブル》 「FAR EAST JAZZ ENSEMBLE」 をリリース。第2回PLAYBOYジャズ大賞候補作品に選出される。
2008年 レーベル D-MUSICA http://www.d-musica.co.jp
を立ち上げ、今までに30タイトル以上の意欲的な作品をリリース。
2009年より 昭和音楽大学 ジャズ科 講師に就任。
2010年2011年リーダートリオで台中ジャズフェスに招聘され、2万人の観衆のスタンディングオベーションを受ける。
2012.13.14年3年連続で、レーベルアーティストのイベント"ダイキムジカ祭り"を開催。
ジャズライフ誌等に絶賛される。
2012年よりニューヨークスタンダードカルテット(Tim Armacost,David Berkman,Gene Jackson)のライブツアー、レコーディングに参加、2013年1月 D-musicaレーベルより"Live at Lifetime"をリリース。2014年7月 にはWhirlwindRecord より" The New Straight Ahead"が全米リリースされる。
http://t.co/8c6sLHqleZ
2012年2月 NHKBS 情報番組エルムンドに5日間リーダーユニットで出演。
2013年14年 岡山ルネスホールにて N響首席コントラバス奏者 吉田秀氏とジョイントコンサートを行い大好評をはくす。
2012年13年 JazzPage ベーシスト部門 2年連続第一位。
 
100枚を超える国内外のレコーディングに参加。
TV ラジオ等の出演 や国内外のジャズフェスティバルにも数多く出演。
ジャズのフィールドだけにとどまらず、金子飛鳥ストリングスアンサンブル、
加古隆「色を重ねて」公演、テレマン交響楽団との共演など幅広い活動も行なう。 卓越した音楽センス、技量、スケールの大きなオリジナル曲、今 最も注目を集めているベーシストである。

矢藤亜沙巳(Pf.)

1984年12月24日生まれ。大阪府出身。
5歳からクラシックピアノを始め、11歳の時に平行してポピュラーピアノを習う。
その後、大阪音楽大学短期大学部ジャズ科に入学。
在学中は石井彰氏に師事。
卒業後は関西を中心に演奏活動をする。
2012年、活動の拠点を東京に移す。
2014年11月、イギリスを代表するミュージシャンJamie Cullumのビルボード東京で行われた公演にピアニストとして参加。
現在は自己のトリオやアルトサックス奏者のSimon Cosgrove率いる7人編成のバンド、tokyo jazz sevenに所属。
その他、関東を中心に演奏活動中。
2016年5月26日に自己のトリオの1stアルバム「THIS WAY」をリリース。

 山崎麻里(Pf.)

北海道札幌市出身。幼少の頃からクラシックピアノを習い始める。早稲田大学文学部美術史学科へ進学後、ジャズに魅了され、ジャズクラブで多くのミュージシャンとセッションを重ね、研鑽を積む。同大学のモダンジャズ研究会にも籍を置く。
 2018年、NYに滞在し現地のジャズシーンに触れる。海野雅威氏に師事する。
 現在、関東圏のホテルラウンジ、レストランでのレギュラー演奏、ジャムセッションホストやライブ演奏を行っている。

山﨑ユリエ (Sax)

静岡県袋井市出身。
4歳からクラシックピアノを始める。名古屋芸術大学にピアノで入学するも、入学後初めて目にしたビックバンドのライブや即興演奏に魅了され翌年Jazz,Popsコースに転科。サックスを本格的に始める 。 在学中、世界的なサックスプレイヤーであるKirk Whalumの来日ライブで幸運にも共演を果たしプロミュージシャンを志す。 2012年単身渡米。Los Angelesの数々のライブハウスや教会、セッションを周り武者修行に励む。 滞在中PrinceやChaka KhanのベーシストAndrew Goucheが主催するジャムに毎週足を運び演奏する。 Chris Colman,Donald Hays,Eddie Brown,Yohei Nakamuraらと共演を果たす。 2014年東京へ拠点を移しサックスプレイヤーとして活動をはじめる。 2015年 SAX magazineの歌モノサックスコンテストで準グランプリ受賞。 2016年 MTBミュージックプレゼンターより【Charlie Parker SONGBOOK 】In Eb&Bb 版を出版。 R&B,FUNK,Smooth Jazz,Gospel等、LAで培ったブラックミュージックを自らの核とし、グルーブと歌心で熱くアプローチするサックスプレイヤー。

【YURIE YAMAZAKI OFFICIAL WEBSITE】
https://www.yurie-sax.com

山下 伶 (Hmc.)

クロマチックハーモニカ奏者 埼玉県春日部市出身。横浜市在住。
桐朋学園芸術短期大学音楽専攻(フルート)卒業。 卒業後クロマチックハーモニカの音色に魅せられ、クロマチックハーモニカ奏者の徳永延生氏に師事。 2014年 第34回F.I.H. JAPAN ハーモニカ・コンテスト総合グランプリ受賞。 2016年 ビクターエンタテインメントよりアルバム「Beautiful Breath」でメジャーデビュー。 今までに3枚のメジャーアルバムをリリースし、収録オリジナル曲が、NTV系 news every.お天気コーナーテーマソングに3度採用される。 2018年 第6回ソウル国際ハーモニカフェスティバルに審査員、ゲストプレイヤーとして参加。 ジャズ専門雑誌 JAZZ JAPAN AWARD 2018 制作企画賞 受賞。

山田貴子(Pf.)

6歳よりピアノを始める。
KSSGに所属し、いろいろなジャンルを演奏。
全国のホールやNHK、ヨーロッパ公演等、定期的に出演。
15歳より和久利幹子氏に師事。
国立音楽大学ピアノ科推薦入学、日本ピアノ教育連盟オーディション奨励賞、
全日本ソリストコンテスト奨励賞。 
卒業後、ジャズピアノに興味を持ち、独学で学ぶ。
1997年、ボストンのバークリー音楽大学へ奨学金を得て入学。
ジェフ・コーベル、レイ・サンティーシ他に師事。
卒業後、同大学ヴォイス科にピアノ伴奏者として勤務しつつ、
在学中よりボストン近郊にて演奏活動を行う。
2001年に帰国。
2001年12月 浅草ジャズコンテストバンド部門銀賞。
2006年に1stアルバム『Deep blue』、
2010年10月、2ndアルバム『My story』全国発売。
『W100 ピアニスト ジャンルを超えた女性演奏家たち』
(シンコーミュージック・エンタテイメント)や、
集英社インターナショナル・コラムに掲載される。
『W100 ピアニスト ジャンルを超えた女性演奏家たち』
2012年6月、自己のトリオで国内ツアーを成功させる。
2012年7月、『須藤元気Presents WORLD ORDER 2012 LIVE』
国際フォーラム・NHKホールでのLIVEに「参加。
2013年4月には『WORLD ORDER in 武道館』に参加。CD・DVDも発売される。
2013年千葉市芸術文化奨励賞受賞。
 
自己のトリオを中心に、多数のミュージシャンやグループ、東京Brass Art Orchestra、北條達子(Fl)groupや星優子(Fl)group、他で活動中。
 

山野友佳子 (Pf.)

3歳からヤマハ音楽教室でピアノを習い始める。
東京音楽大学付属高等学校~同大学へ進学し本格的に音楽を学び始める。
18歳からジャズを習い、演奏活動を開始。
その後、自身のオリジナル楽曲の演奏活動も開始。
ジャズピアノを清水 絵理子氏に、クラシックを小高 明子氏、稲田 潤子氏に師事。
また、学内にてペーテル・ヤブロンスキー氏の公開レッスンを受講。
2015年6月にオリジナル曲を収録した2ndアルバム、
『2nd Stage』納 浩一(ba)藤井 学(ds)をリリース、完売。
2015年9月~2016年4月、『読売プレミアム』よりコラムを連載。
現在多くのライブハウスやフェスティバルに出演、
アジア各国・ヨーロッパ・アメリカでの海外公演や
海外のアーティストと共演するなど、
幅広い地域とジャンルで活動を展開している。

その他、KORG Cafe Style認定講師、リー・エバンス協会研究員、
"Vocal School DADA"ピアノ講師。


HP: http://yukakoyamano.com/
Blog: http://blog.goo.ne.jp/angela-major7

山村隆一(Bs.)

1965年大分生まれ。'90 ウッドベースを始める。第5回イムズジャズコンテスト特別賞受賞。'03 拠点を関東に移し、バイソン片山トリオに加入、ルー・タバキンのツアーに参加。その後ホテルギグやレコーディングサポート等を重ねながら、渡辺貞夫のFM番組にてカルテットでのセッションに参加。’14 サイモンコスグローブトリオで 豪 マンリージャズフェスティバルに参加。'16 Sasebo JAZZ に参加。これまで、フランク・ウェス、ノーマン・シモンズ、デューク・ジョーダン、ハンク・ジョーンズ、ビル・メイズ、ルー・タバキン、渡辺貞夫、日野皓正、北村英治、世良譲、辛島文雄、杉原淳 等々、数多くの内外著名ミュージシャンとの共演経験を持つ。またQueenのライブトリビュートバンドのQueenessでも、John Yamamura として活躍中。

横田寛之(Sax.  DJ)

ジャズエレクトロバンド、ETHNIC MINORITYのメンバー。 また、横田寛之カルテット「ゴウダヴ」を率いる。 これまでに4枚のアルバムをリリース(表参道ワンピース、Introducing ETHNIC MINORITY、Startin’、イレブン・ストーリーズ)。 その他、サポートとしてのレコーディング、LIVEなど多数 (水曜日のカンパネラ、KinKi Kids、分島花音、7!!、私立恵比寿中学、etc)。 また、TEDx Tokyo Teachersではスピーカーとして登壇した。

横山知子 (Sax.)(S.sax A.sax T.sax Fl)

サックスを織田浩司師、宮本大路師に師事。 東京都公認ストリートミュージシャン、ヘブンアーティストとして、万博、東京Jazzフェスティバル、国内外の大道芸イベントに参加する傍ら、さまざまなバンドでライヴ、海外ツアー活動に参加。 現在もCocochi-kitという管楽器グループでヘブンアーティスト活動中。 また、メジャーアーティストのサポートミュージシャンとしてライヴ、レコーディング活動中。

 

《共演、レコーディング参加アーティスト》 チャラン ポ ランタン、リュウ シウォン、クレモンティーヌ、平井堅、西野カナ、嵐、でんぱ組.inc、Little Glee Monster etc..


吉野ユウヤ (Pf.)

ピアノアーティスト・作編曲家。
オリジナル曲を中心とした、歌詞のない世界であるソロピアノLIVEを、定期的に展開。
(『pf Garden シリーズ』)
《ジャンルにとらわれない Freestyle なサウンド、 Exciting な精神、常に Creative であること》がモットー。
その長身から繰り出される繊細かつ大胆な音世界は、観るものを魅了してやまない。
2015 年4 月に 1stCD『Red Cloud』、7 月には、2ndCD『SHIN-KA』、11 月には 3rdCD『Deep Dive』 と、
MiniAlbum を次々にリリース。その他、作曲家・編曲家としても精力的に活動。ボーカリストへの楽曲提供、
舞台音楽、CM 音楽など多岐にわたる。
 
〜活動経歴〜
Dancer 菅原小春公演『Suger Water』のピアニスト出演、Christian Dior ファッションショーに於いてのピアニスト出演、
前川清氏、大阪新歌舞伎座公演に於いての音楽監督、島津亜矢氏、大阪新歌舞伎座、東京明治座公演においての音楽監督、
作家やなせたかし氏作、『手のひらを太陽に』生誕 50 周年記念アルバム制作、テレビアニメ主題歌(こんにちはアン、毎日かあさん、
夢色パティシエール他)
TVCM 音楽 (DHC、共立メンテナンス、KOWA etc)、音楽朗読劇 (声優・渡辺菜生子さん主宰『Short Story』)
子供達のためのバレエ公演『Fairies』シリーズにおいて、『ピノキオ』『白雪姫』全幕公演の音楽を制作。
2015 年、相模湖野外バレエフェスティバルにて初公演。

吉峯勇二郎 (Bs.)

1983年生まれ。15歳でエレクトリックベースで音楽活動を始める。高校卒業後、田島良一氏に師事しジャズを始める。 2003年、University of North Texas にjazz performance 専攻で留学。Lynn Seaton氏に師事する。2009年同校卒業。 テキサスでの留学中にBernard Wright(Miles Davis Group, RH factor, Marcus Miller Group)、Bobby Sparks(RH factor, Marcus Miller Group)、Shelly Carrol(Duke Ellington Orchestra)など、多くのミュージシャンと共演する。テキサスでのジャズ、ロック、ゴスペル、TOP40 バンドなどジャンルにとらわれない精力的な演奏活動の後、2009年夏に活動の拠点をニューヨークへ移し、数多くのライブ、セッション等に参加している。 2011年より活動の拠点を日本に移し、都内のライブハウスで勢力的に活動している。 

米所裕夢(Tp.)

1992年兵庫県生まれ。 2005年 トランペットを始める。 2010年 IPU・環太平洋大学マーチングバンド部一期生として入学し、マーチング、音楽技術に磨きをかける。 2011年 過去最年少19歳で[blast!]のオーディションに合格。 2012年 「blast Japan Tour 2012」では最年少でソリストに抜擢され、日本47都道府県全102公演に出演。同年、石川直氏、和田拓也氏と共にblast日本人メンバーで新ユニット『踏音Archipelago』を結成。各地で公演を行う。 2013年 石川直氏、稲本渡氏などソリストで結成された「ウインドオーケストラ<Across>2013」に首席トランペット奏者として活躍。 2014年「blast Japan Tour 2014」ではソリストとして中心的な役割を果たし、メディアにも数多く出演。 2015年 石川直氏らと、台湾にて台北樂府樂旗藝術團(TAIPEI YUEHFU DRUM AND BUGLE CORPS)と共演。同年、和田拓也氏主催イベント「Laboratory#1」に出演。 2016年 石川直氏、稲本渡氏とともに「ウインドオーケストラ<Across>2016」に首席トランペット奏者として出演。 2016年 静岡県浜松市で行われた和田拓也氏主催イベント「Laboratory#2」に出演。 2016年 世界初演「ブラスト!ミュージック・オブ・ディズニー」ツアーに参加。フリューゲルホルンソリストとして活躍。 2017年 「ブラスト!ミュージック・オブ・ディズニー」日本47都道府県ツアーに参加。ソリストとして活躍。 2018年 大人気漫画アニメ 「ワンピース」を題材にしたブラス・エンターテインメント「ワンピース音宴」に出演。ソリストとして活躍。 演奏活動の専らマーチングバンド指導、作曲、金管楽器指導、楽譜アレンジ等、後輩の育成にも力をいれている。

リョコモンスター(Tb. Vo.)

 トロンボーンを片手に スウィンジャズを唄うジャズシンガー、 アメリカのカートゥーンからインスパイアされ、ミッキーマウスやベティブープなの様に 変幻自在な「キャラクター」として活動。 イベントのオーガナイザーとしての一面もあり、ライブ、ダンス、バーレスクイベント、パーティー等の企画・プロデュースを行っている。

リンヘイテツ(Pf.)

1996年立教大学英米文学部入学後、ジャズに興味を持ち始め、ユキ・アリマサ氏にジャズピアノを学ぶ。2001年アメリカへ渡りバークリー音楽大学ジャズコンポジション科を専攻。引き続きジャズピアノ、音楽理論を学び、演奏活動を開始。2003年帰国後、現在は東京都内ライブハウスを中心に多方面で活動している。

若井優也(Pf.)

1986年1月14日愛知県名古屋市生まれ。
3歳よりヤマハ音楽教室に通い、ピアノを村上由里子氏、作曲・和声学を若林千春氏に師事。
大学入学と同時にジャズ研究会に所属し、都内のライブハウスに通いながら独学でジャズピアノを学ぶ。2005年第36回山野ビッグバンドジャズコンテストに慶應義塾大学ライトミュージックソサエティの一員として出演し、バンドで優秀賞、個人で優秀ソリスト賞を受賞。
これまでに6枚のアルバム「しあわせな森のジブリ」(2010年)「しあわせな夢のジブリ」「PianoでJazz!!」(2011年)「Piano Jazz The Beatles」(2012年)「Images」(2013年)「神曲Jazz」(2014年) のプロデュースを手掛け多方面から大きく評価される。
2011年青木カレン(vo)とともにNHK教育テレビ(Eテレ)「3ヶ月トピック英会話・歌って発音マスター!~魅惑のスタンダード・ジャズ編~」にレギュラー出演。2013年同じくNHK教育テレビ(Eテレ)「囲碁フォーカス」にて大きく特集され反響を呼ぶ。
現在ライブ・レコーディングなど様々なシーンで幅広く活躍中。教育活動にも力を注いでいる。趣味は囲碁と数学。

和田明(Vo.)

鹿児島県出身。
美術科に進学し絵画を専攻するも、黒人音楽に没頭。
​2012  本格的にジャズ・シンガーとしての活動を開始。ツアーを重ねる。
2015 「和田 明 × 松本圭使」名義で自主制作CDアルバム「11 -eleven-」を発表。手売りで1000枚を1年で売り切る。
NYへ短期渡米し、Barry Harris氏、Marion Cowings氏(Michael Buble氏のトレーナー)のレッスンを受講。
現地ミュージシャンとのセッションに明け暮れ、帰国後は拠点を都内に移す。
参加した指宿白水館のラジオCMで第53回ACC広告大賞を受賞。自身の楽曲『おかえり』が現在まで2年に渡りTVCMに起用されるなど、
TVやラジオのCM製作にも携わっている。
2016   若手ジャズ・ミュージシャンの登竜門と言われる第4回ちぐさ賞を受賞。神奈川新聞、産経新聞、毎日新聞などの新聞社各社、Jazz Japan誌にて取り上げられる。
2017 レーベル「ちぐさレコード」より1st. album "ESSENCE"でデビュー。音楽誌やラジオ番組等で取り上げられる。横浜dolphyにて発売記念ライブを満席で終える。
2018 Motion Blueにてワンマンライブを満席にて成功させる。篠原涼子氏が出演する日本和装の全国版TVCMにてアカペラ歌唱。
スモーキー・ベルベットと評される、甘く繊細ながら迫力もある独特な声で注目されているSingerである。

Anzu Trio

Anzu (Vo.)
9月25日和歌山県生まれ。大阪府育ち。東京都在住。
幼少期、父親の影響で観たミュージカル映画「White Christmas」の中でRosemary Clooneryが歌った「Sisters」に感動する。以来、ジャズに対する思い入れが強まり、中学在学中に大阪のジャズバーのセッションに通いだす。その中で多田恵美子 (P)、中嶋俊夫 (Ds) ら多くのミュージシャン指導のもと、ジャズボーカルを本格的に学ぶようになる。2003年にカナダに一年間留学。また2005年にファーストアルバム『The Five Pennies』を全国リリース。Swing Journal誌の『2005年ジャズディスク大賞ボーカル賞<国内部門>』候補作品にノミネートされる。大学進学の為上京後も音楽活動を細々と続け、充電期間を経て2015年から本格的に活動を再開。定期的に都内ライブハウスなどにて活動中。2015年11月に開催された『第10回さいたま新都心JAZZ VOCAL CONTEST』では歌唱賞(フルまる賞)を受賞する。
 
上田凛子 (Pf.)
ピアニスト。1991年大阪府生まれ。
4歳からヤマハ音楽教室にてエレクトーン、14歳からクラシックピアノを始める。10歳でヤマハジュニアエレクトーンコンクール全日本大会に初出場。その後、16歳でインターナショナルエレクトーンコンクール世界大会4位受賞。高校卒業後、東京音楽大学の作曲指揮科(映画放送音楽コース)に入学。三枝成彰、服部克久、千住明、小六禮次郎、堀井勝美に師事。和声学や音楽理論、幅広いジャンルでの作曲、編曲を学ぶ。卒業後は作曲家としての活動をしながら、ジャズピア二ストととして積極的に各地でのライブ活動を行う。2015年以降は自身の名を冠したリーダートリオで都内や大阪等で演奏をし、好評を博す。2016年8月末には中目黒『楽屋』にてワンマンリーダーライブ成功させ、2017年4月は初のリーダーアルバム『TWO FACES』をリリース。東京での発売ライブ後は、同年7月に大阪でもツアーを行う。今、ジャズ若手ピアニストの中でも、注目の一人
 
荒井美咲 (Bs.)
学生時代よりコントラバスに触れ、レイブラウンに影響を受け JAZZ に傾倒する。大学で JAZZ サークルに所属する傍ら、 外部のミュージシャンとも交流を広げ、勢力的に活動し JAZZ ミュージシャンとして活動をスタートさせる。 2011、参加バンドの TX quartet で SAPPORO CITY JAZZ パークジャズライブコンテスト、ファイナリストに選出。 2012 年、世界的に有名なセロニアスモンクコンペティションで参加プロジェクトが作曲部門でグランプリを受賞する。 2015 年、参加バンドの Takuya ichinari new jazz trio で金沢ジャズストリートコンペティション、ファイナリストに選出。 現在、様々なバンドへの参加、都内 JAZZBAR でセッションホストを務めるなど活躍著しい女性ベーシスト。

Duo-Leaf

桐朋学園大学を卒業した萩原可奈(フルート)と前島七菜子(ピアノ)で2013年5月に結成。
これまでに、パーティー演奏、お寺での本堂コンサート、老人ホーム・保育園への慰問演奏、小学校芸術鑑賞教室、中学校・高校での式典演奏、ショッピングモールや祭りでの野外ステージ、アーティストのライブサポート、ラジオ、インターネット番組等、様々なシーンで演奏を行っている。
また、2014年よりシリーズ化している『Duo-leaf concert』は、今までに無い一風変わったお客様参加型のコンサートとして好評を博す。
 
萩原可奈(Fl.)

栃木県佐野市出身。3歳よりピアノ、9歳より小学校の吹奏楽部にてフルートを始める。17歳よりフルートを白尾彰氏に師事。桐朋学園大学卒業、同大学研究科目修了。日本クラッシック音楽コンクール等、国内コンクールにて受賞。これまでにフルートを白尾彰氏に、室内楽を斉木隆、佐藤公一郎、白尾彰、猶井正幸、法倉雅紀、三瀬和朗、エマニュエル・ジラールの各氏に師事。現在は後進の指導にあたる他、パーティー演奏、CMやアーティストのCDレコーディング、ライブサポート、小学校芸術鑑賞教室や式典演奏、ファミリーコンサートなど、様々な場面で演奏活動を行っている。

前島七菜子(Pf.)
埼玉県立芸術総合高等学校音楽科を経て、
桐朋学園大学音楽部音楽学科ピアノ専攻卒業。
高校・大学共に成績優秀者による卒業演奏会に出演。国内多数のコンクールに入賞。
これまでにピアノを松本倫子、三界晶子、玉置善己の各氏に、室内楽を三瀬和朗、白尾彰、佐藤公一郎、若林顕の各氏に師事。
現在、アンサンブルピアニストとして室内楽を中心とした演奏活動を行うほか後進の指導、小中学校・高校での芸術鑑賞教室や式典演奏、アーティストのライブサポート、レコーディング、ラジオやインターネット番組への出演など多岐にわたり活動を行っている。

Free Spirit

飯嶋ももこ(Vo.)
進藤洋樹(Gt.)
 
2018年7月結成したばかりの新しいユニット。「自由な精神」という意味の名前のごとく、ジャズを基本としてポップス、ロック、ゴスペルとあらゆるジャンルの音楽を独自のアレンジで「フリスピでしか聞けない音楽」を目指して全国各地でのライブ活動中。フリスピが作る世界観はもちろんのこと、関西出身のボーカリストももこの飾らないトークも売りのひとつ。

よしの(や)

横田寛之、野口茜、島野和樹からなるバンド。メンバーに吉野さんがいないのが特徴。
ごく希に、山﨑ユリエが加わり「よしの」から「よしのや」に変化する。
 
横田寛之(Sax.  DJ)
ジャズエレクトロバンド、ETHNIC MINORITYのメンバー。 また、横田寛之カルテット「ゴウダヴ」を率いる。 これまでに4枚のアルバムをリリース(表参道ワンピース、Introducing ETHNIC MINORITY、Startin’、イレブン・ストーリーズ)。 その他、サポートとしてのレコーディング、LIVEなど多数 (水曜日のカンパネラ、KinKi Kids、分島花音、7!!、私立恵比寿中学、etc)。 また、TEDx Tokyo Teachersではスピーカーとして登壇した。
 
野口茜(Pf.)
11月2日生まれ。4歳からピアノ、6歳から作曲を始める。
東京学芸大学教育学部芸術文化課程音楽科(作曲専攻)卒業。
日本では珍しい女性ラテンピアニストとして主に活動。ラテン以外にもJAZZ,Funk,Classic,またPOPSのサポート(GAKU-MC,つんく、My Little Lover,SONOMI,さかいゆう,など)とジャン ルを超えて全国各地で演奏活動中。
またアレンジャー、作曲家としても幅広く活動し、テレビ、ゲーム音楽等に楽曲提供も行っている。
クラシックを基礎とした ジャンルを問わない自由なピアノと風景が見えるオリジナル曲やパフォーマンスが好評を博している。
 
島野和樹(Dr. Per.)
ドラマー・パーカッショニスト 13歳からドラムを始める。 大学時代、プロドラマー岩瀬立飛氏のローディーをしながら修行。 第34回山野ビッグバンドジャズコンテストで最優秀ソリスト賞受賞。 その後東京ディズニーリゾートのエンターテイメントでプロ活動を開始し、 以降ジャズ、ラテン、サンバ、ロック、ポップスなど、 幅広いジャンルでドラマー・パーカッショニストとしてライブ、レコーディングに参加。 アーティストとしては2009年に横田寛之ETHNIC MINORITY、2011年にはHIBI★Chazz-Kに参加。 ETHNIC MINORITYではEWEより1stアルバム「Startin'」を全国リリース。 オーネットコールマンのバンドのメンバーとして名高いフリージャズ界の巨匠、 ジャマラディーン・タクマ氏の目に留まり、来日中の合間を縫って深夜セッションレコーディングを敢行。 HIBI★Chazz-Kでは三度の海外公演(米:ワシントンD.C.、韓:浦項、米:NY)を成功させ、 ポニーキャニオンからメジャーデビュー、1stアルバム「Happy Sax Hit Express」を全国リリース。 同作で日本レコード大賞企画賞受賞。 近年は自身のリーダーバンドBanda Cafe Mochaを主催するなど活動を広げている。
 
山﨑ユリエ (Sax)
静岡県袋井市出身。
4歳からクラシックピアノを始める。名古屋芸術大学にピアノで入学するも、入学後初めて目にしたビックバンドのライブや即興演奏に魅了され翌年Jazz,Popsコースに転科。サックスを本格的に始める 。 在学中、世界的なサックスプレイヤーであるKirk Whalumの来日ライブで幸運にも共演を果たしプロミュージシャンを志す。 2012年単身渡米。Los Angelesの数々のライブハウスや教会、セッションを周り武者修行に励む。 滞在中PrinceやChaka KhanのベーシストAndrew Goucheが主催するジャムに毎週足を運び演奏する。 Chris Colman,Donald Hays,Eddie Brown,Yohei Nakamuraらと共演を果たす。 2014年東京へ拠点を移しサックスプレイヤーとして活動をはじめる。 2015年 SAX magazineの歌モノサックスコンテストで準グランプリ受賞。 2016年 MTBミュージックプレゼンターより【Charlie Parker SONGBOOK 】In Eb&Bb 版を出版。 R&B,FUNK,Smooth Jazz,Gospel等、LAで培ったブラックミュージックを自らの核とし、グルーブと歌心で熱くアプローチするサックスプレイヤー。

【YURIE YAMAZAKI OFFICIAL WEBSITE】
https://www.yurie-sax.com

リョコモンスタートリオ

赤松ハルカ Vo&Gt
高橋絵実 Vo
リョコモンスターVo&Trb

【おぢまん】
ぴーひゃらん Banjo & MusicalSaw
のんしゃらん Washboard etc